頭痛

頭痛(偏頭痛・慢性頭痛)の鍼灸(はり・きゅう)治療
-たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)

当鍼灸院の頭痛の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承のはり・きゅう治療です。
頭痛だからと言って頭にはり・きゅう治療をするのではありません。
当鍼灸院では、原因からの治療によって頭痛の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体の中から体調も良くしていきます。

頭痛の治療について・・・
たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

頭痛でつらい思いをされていませんか?
慢性的な頭痛のために頭痛薬を飲み続けている。
頭痛薬が効かないほどのひどい頭痛でつらい。
頭痛が起こるのがこわいから頭痛薬が手放せない。
頭痛で頭が締め付けられるような気がする。
目の奥が痛くなってくると頭痛が起こる。
頭痛薬がだんだん効かなくなってきた。
頭痛の方でこのようにおっしゃって来院される方が多いのですが、当院の鍼灸治療を受けられて頭痛は良くなっていかれていますから安心してください。
頭痛は全身の不調和の現われです。
頭痛の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。
自然治癒力が発揮できるようになればしめたものです。
あなたの体の各組織が頭痛を治すように働き始めます。
これが、本当の意味での頭痛を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

慢性頭痛の症状

片頭痛

頭の片側や両側が痛む頭痛です。
脈と同じリズムで頭痛が誘発されます。
頭痛以外に吐き気や伴うことがあり、音や光に敏感になります。

緊張型頭痛

心身のストレスや肩こりなどが原因で起こることが多い頭痛です。
また、パソコンの仕事を毎日続けている人に多い頭痛です。
頭を締め付けられるような頭痛が起こります。

群発頭痛

目のすぐ後ろにある血管が拡張し、炎症を起こすことで頭痛が発症するため、目がえぐられるほど痛く感じる頭痛です。

頭痛の原因

頭痛の大きな誘因として、ストレスが考えられますが、ストレスがかかっている最中より、ストレスから解放されたときの方が頭痛が起こりやすいようです。
女性ホルモンの変化も頭痛の引き金になります。
生理の前後、ホルモンの量が急激に変化する時期に頭痛が起こることも多いのです。
また、睡眠不足が頭痛の原因になるのは、多くの人が経験済みです。
反対に眠りすぎるのも頭痛の誘因になります。

頭痛の原因から診た鍼灸(はり・きゅう)治療

頭痛には様々なタイプがあります。
頭痛の原因を把握するのがはり・きゅう治療の第1歩です。
風邪に伴う頭痛や、「気」や「血」のめぐりの悪さから起こる頭痛に加え、女性に多く見られるのがストレス性の頭痛や偏頭痛、筋緊張性の頭痛です。
多くの頭痛は頭自体の病気ではなく、他の部分に原因があるので、何が原因で頭痛が発生したかを見極めたはり・きゅう治療をすることが大切です。
風邪や冷えによる頭痛は、からだを温め汗を出すはり・きゅう治療で解消します。
イライラしやすい、目がくしゃくしゃする、ほてるという症状のある頭痛の人は不安定な精神状態を落ち着かせ、ストレスを解消するはり・きゅう治療をします。
偏頭痛は体内の水のめぐりが悪いタイプの人に多く見られますが、水分代謝を良くするはり・きゅう治療によって解消します。
血行の悪いお血症タイプの頭痛の場合は、血行をよくすることをはり・きゅう治療の中心にします。
最近はパソコンの長時間作業などによる首の疲れからくる頭痛の方もたくさんいらっしゃいます。
首こり、肩こり解消を考えたはり・きゅう治療で改善されます。

頭痛の鍼灸治療の症例

Nさん 主婦 30代女性 大阪府八尾市
Nさんは頭痛薬を飲んでも痛みが治まらなかった頭痛に苦しんで当鍼灸院に来られました。
頭痛の症状以外にも、肩こりやむくみ、下痢などの症状もありました。
頭痛は1年前からひどくなったそうです。
とくに、前額部が痛く、あまりの痛さに頓服を飲まれても1回では頭痛はおさまらず、何回も頭痛薬を飲む日が続ていました。
頭痛以外にのどの異物感も気になり、痰が多く、咳も出る。
夜も寝られないなどの症状もありました。
Nさんの頭痛治療では、頭痛に効果があり、かつNさんの頭痛の原因を解消するツボを探すことからはじめました。
ストレス緩和のためのはり・きゅう治療をすると伴に、胃腸の調子も整えるようにしました。
感じておられた頭痛も鍼灸治療が進むにつれて弱まっていきました。
鍼灸の頭痛に対する即効性にNさんはびっくりです。
全身のバランスを整ったことを確認し、この日の頭痛の鍼灸治療を終えました。
1週間後頭痛のはり・きゅう治療に、来られたときは、生活態度を改善されたことと相まって、頭痛は、ずいぶん楽になっているようでした。
2回のはり・きゅう治療で、頭痛は改善され頭痛薬を飲まれることも全くなくなりました。