治療の流れ

鍼(針・はり)治療がはじめての方へ

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)のはり治療の流れ

鍼(針・はり)治療の問診票にあなたのつらい症状や、今の身体の状態などを書いていただきます。

着替えていただき、ベットに横になっていただきます。

着替えの服はこちらで用意させていただきますが、

パジャマなどをご用意いただいてもけっこうです。

①問診

あなたの症状がどうして起こっているのか、病気の背景や身体の状態などをくわしくお聞かせいただき、鍼(針・はり)治療の診断、治療の一助とさせていただきます。

②診察

当鍼灸院では漢方理論に基づいた中国伝承の本格的な鍼(針・はり)治療をしています。

そのために脈や舌、お腹や背中などを診せていただき、あなたの身体のどこにゆがみが起こり、どこにバランスの崩れが起こっているのかを考えます。

③鍼(針・はり)治療

あなたの身体のゆがみやバランスの崩れを元に戻すために、どこのツボに鍼(針・はり)治療をするのが有効かを考えます。

漢方理論に基づく当鍼灸院は 肩こりだと言って肩に鍼(針・はり)をするのではなく、病気の原因を根本的に治していこうとする鍼(針・はり)治療をしています。

鍼(針・はり)治療だけでなく、症状によっては必要に応じて灸・整体やマッサージもします。

様々な症状を訴えられて当鍼灸院に来られます。

症状は体の内部の変調を知らせるサインです。

出てきた症状だけをとる治療は症状という体の1部分にのみ目を向け、体全体としての健康をどう回復し、維持するのかという視点を欠いています。

症状だけを取る対症療法では、体の中の変調が解決したわけではないのですから、根本的に解決したことにはなりません。

出てきた症状は、体にある部分、器官だけに起こった問題ではなく、全身のバランスが崩れたことによってもたらされたものです。

対症療法は、削れたバランスを取り戻す作用はありません。

かえってバランスをおかしくしてしまいがちです。

当鍼灸院の鍼(針・はり)治療の第1歩は身体のゆがみをただし、バランスを正常な状態に持っていくことです。

ゆがみが治り、バランスよく正常な状態になっていけば、身体が十分に機能できるようになります。

身体が十分機能すれば、自己治癒力も十分はたらき、つらい症状もとれていきます。

④鍼(針・はり)治療後

鍼(針・はり)治療が終わった時点で、ご自分のからだをお確かめいただきます。

症状が軽くなっていたり、身体全体が軽くなっていることを実感していただけるでしょう。

鍼(針・はり)治療を受けられた方は、回を重ねるごとに、症状が良くなっていくだけでなく、体の中から体調が良くなっていくのを感じてくださっています。(鍼灸の治療時間は約1時間前後です)