坐骨神経痛

坐骨神経痛の鍼灸(はり・きゅう)治療 – たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)

当鍼灸院の坐骨神経痛の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。

坐骨神経痛だからと言って下肢にはり・きゅうをするのではありません。

当鍼灸院では、原因治療により、坐骨神経痛の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体の中から体調も良くしていきます。

坐骨神経痛の治療について・・・

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

坐骨神経痛でつらい思いをされていませんか?

坐骨神経痛で歩くのもつらい。

痛み止めを飲んでも翌日には坐骨神経痛のしびれや痛みがもどっている。

痛み止めを飲むのをやめると坐骨神経痛で痛い。痺れる。

坐骨神経痛のために、立っているのもつらい、座りもできない。

坐骨神経痛で入院したけどいっこうに良くならなかった。

痛み止めが坐骨神経痛に効かない。

坐高神経痛の痛みで夜も熟睡できない。

坐骨神経痛の方でこのようにおっしゃって来院される方が多いのですが、当院の鍼灸治療で坐骨神経痛が良くなっていかれていますから安心してください。

坐骨神経痛は全身の不調和の現われです。

坐骨神経痛の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。

自然治癒力が発揮できるようになればしめたものです。

あなたの体の各組織が坐骨神経痛を良くするように働き始めます。

これが、本当の意味での坐骨神経痛を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は腰部の疾患が原因です。

背骨やその周辺にある組織が、加齢や疲労などに伴い変形することで、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛の痛みを生じます。

坐骨神経は、骨盤内から、臀部、下肢の後ろや横をとって足先まで行く、靱帯で最も長く、太い神経です。

坐骨神経に沿って走る激痛が「坐骨神経痛」です。

坐骨神経痛の鍼灸(はり・きゅう)治療

当鍼灸院では、椎間板ヘルニア、腰部変形性脊椎症など腰部の疾患が原因で、坐骨神経が刺激、圧迫されて起こるので腰部の改善を目指したはり・きゅう治療します。

また、冷えや疲れで坐骨神経痛は増強します。

冷えや疲れを取り除くことも、鍼灸治療では大切です。

坐骨神経痛を起こす腰部の疾患

椎間板ヘルニア

変形性脊椎症

腰部脊柱管狭窄症

腰部変性すべり症

腰椎分離症

坐骨神経痛の鍼灸治療の症例

Iさん 会社員 50代女性 大阪府東大阪市

夜中、トイレに起きた時、坐骨神経痛で痛くて、すぐにはトイレに行けなかったそうです。

起きても、痛くて、しばらくはじっと坐高神経痛の痛みが治まるまで、坐っていらっしゃいました。

更に夜、寝ているときも、寝返りの度に坐骨神経痛の痛みで目が覚めます。

両太ももまで痛く、ふくらはぎまで坐骨神経痛の痛みが走ります。

寒いときや雨の時は、余計坐骨神経痛の痛みが増します。

Iさんの場合、まず、つらい坐骨神経痛の痛みを緩和しなければなりません。

坐骨神経痛の痛みを緩和するのに有効なツボを探し、鍼灸治療をしました。

また、坐骨神経痛の真の原因にもアプローチする必要があります。

Iさんの場合、冷え、胃腸の疲れ、過労などが坐骨神経痛の原因になっています。

冷えを抜くために灸頭針をし、胃腸の疲れをとる鍼灸治療をしました。

全身のバランスが整ったところで、この日の坐骨神経痛の鍼灸治療は終わりました。

次回坐骨神経痛の鍼灸治療に来られたときは、「だいぶ、坐骨神経痛の痛みはましです。」とのことでした。

3回目坐骨神経痛の鍼灸治療の時は、「夜中起きてトイレに行くときも、以前のような坐骨神経痛の痛みがないので、すっと行かれて楽になりました。」と、仰っていただきました。

その後順調に坐骨神経痛の鍼灸治療がすすみ、回復されました。