疲れ目

疲れ目(眼精疲労)の鍼灸(はり・きゅう)治療 -たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)

当針灸院の疲れ目(眼精疲労)治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。
当鍼灸院では、疲れ目(眼精疲労)の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体調も良くしていきます。

疲れ目(眼精疲労)治療について・・・
たつみ鍼灸院の考え方(大阪府東大阪市)

疲れ目(眼精疲労)で苦しい思いをされていませんか
疲れ目(眼精疲労)だからといって、目薬を常時使用されておられる方も多くいます。
目薬をさしてもその時はちょっとだけ、楽のなったような気がするもののすぐに、疲れ目(眼精疲労)のつらさがもどっているのではありませんか。
パソコンや携帯の普及がひどい眼精疲労(疲れ目)の患者さんを増やしているようです。
疲れ目(眼精疲労)で仕事をするのが苦痛なのです。
好きな本が疲れ目(眼精疲労)のために読めなくてつらい。
目薬を注してもちっとも疲れ目(眼精疲労)が良くならないのです。
疲れ目(眼精疲労)がひどくて目の奥が痛くって目を取り出したいほどです。
疲れ目(眼精疲労)の方で、このようにおっしゃって来院される方が多いのですが、当院の鍼灸治療を受けられて良くなっていかれていますので安心してください。
疲れ目(眼精疲労)は全身の不調和の現われです。
疲れ目(眼精疲労・ドライアイ)の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。
自然治癒力が働けばしめたものです。
あなたの体の各組織が疲れ目(眼精疲労)を治すように働き始めます。
これが、本当の意味での疲れ目(眼精疲労・ドライアイ)を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

目の疲れ(眼精疲労)の原因

疲れ目(眼精疲労)の原因は目の酷使、めがねの不調、近視、乱視、遠視などが原因と言われていますが、これらを改善しても症状が続くことが多いようです。
ストレスによる疲れ目(眼精疲労)が増えてきたからです。
また、過矯正が疲れ目(眼精疲労)の原因を作っていることもあります。
最近はパソコンによる目の酷使が原因の目のトラブル-疲れ目(眼精疲労)も増えてきました。

目の疲れ(眼精疲労)の症状

かすれる
ドライアイ
涙目
飛蚊症
ショボショボする
まぶたが重い
光がまぶしい
目の奥が痛い
充血
頭の皮膚までびりびりする
ものが2重に見えて両目の焦点が合わない。
などが疲れ目(眼精疲労)の症状です。

目の疲れ(眼精疲労)の鍼灸(はり・きゅう)治療

疲れ目(眼精疲労)には「目薬」が処方されますが、疲れ目と言っても目だけの問題ではなく、多くは体全体が疲れているときに現れる症状です。
疲れ目(眼精疲労)の治療は、一時的な症状の軽減だけでなく、根本的な体質改善を図ることが大切です。
当院では、疲れ目(眼精疲労)は、「冷え、熱、湿気、気」などが体内にとどこった状態の時に起こりやすい症状として鍼灸治療します。
また、目は脳の一部ですので、血液を大量に消費します。
血行が悪くなると疲れ目(眼精疲労)の症状が出ます。
血行をよくし、血液を増やす鍼灸治療をしていきます。
ストレスが原因の疲れ目(眼精疲労)の人も多くおられます。
イライラしがちだったり、のぼせやほてりのある人は、ストレスを抱えておられますから、ストレス緩和を考えたはり・きゅう治療になります。
最近はパソコン画面を1日中見ておられる方が増え、ドライアイの方も多いです。原因を考えたはり・きゅう治療をしますと、その場で目に潤いが出てくるのを実感していただけるようです。

疲れ目(眼精疲労)の鍼灸治療の症例

Rさん 教師 50代女性 大阪府東大阪市
「疲れ目(眼精疲労)で目の奥が痛くて、何もする気が起こらない。」と言って、当鍼灸院に来られたRさん。
「学期末は通知簿つけなど何かと仕事が多いのに、疲れ目(眼精疲労)で仕事がはかどらない。」との訴えです。
問診、脈診からRさんの疲れ目(眼精疲労)は、目の血行が悪くなって起こっているように伺えました。
そして血行の悪さは、疲労、ストレスなどが関与しているようです。
仕事柄、普段からストレスまみれの生活です。
それに、学期末の忙しさが輪を加えてストレスや疲労を高じさせてしまったようです。
目の辺りの血行をよくし、ストレス、疲れをとることを中心にした疲れ目眼精疲労)はり・きゅう治療をしました。
疲れ目(眼精疲労)の諸症状は、改善し、肩こりや肩胛骨のこりや首こりも改善しました。
「気持ちがいいから今夜はぐっすり眠れそう。」と言って帰られました。

疲れ目(眼精疲労)以外の目の症状でお困りの方に

疲れ目(眼精疲労)以外にも目の諸症状でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
飛蚊症や複視(ものが2重に見える症状です。)などの症状の方も当鍼灸院の治療で改善されておられます。