脊柱管狭窄症(座骨神経痛)

大阪府東大阪市(八尾市、生駒市からも至近)のたつみ鍼灸(はり・きゅう)院

私の脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)はもう治らないかもと諦めかけていませんか?
幸福を作るのはあなた自身。
勇気をもって一歩踏み出しましょう。

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)は、脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)で悩んでおられるあなたを全力で支え、笑顔が見られるように鍼灸治療していきます。

「脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)さえなかったら」じゃなくて、
「脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)があったから」と言ってもらえる日が来るように、たつみ鍼灸院(東大阪市)は、長年にわたって培った確かな鍼灸の技術で、鍼灸治療に取り組んでいます。
漢方の理論に基づき、お一人お一人の体質、症状に合わせた治療を行いますので安心して鍼灸治療をお受けいただけます。

脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)を克服された患者様の体験談

立花さんは脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)のために日々の生活にも支障をきたしていた。普段何気なくしていた動作の一つ一つが苦痛を伴う。痛みは生半可ではない。何かをしようとすると足に痛みとしびれが走る。いいと聞けばたとえ少々遠くてもあちらの病院こちらの病院と病院めぐりをした。しかし良くならなかった。娘の紹介で行ったたつみ鍼灸院。 (続きを読む)

腰部脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)とは

腰部脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)は、椎間板ヘルニアとともに「腰の2大疾患」と呼ばれるほど多くみられます。腰の神経の通り道が何らかの原因で狭くなり、脊柱管の中にある神経が圧迫されることによって、腰痛、下肢にしびれや痛みなどの症状が現れるのが腰部脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)です。高齢者に多い疾患ですが、あらゆる年代で起こります。脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)の代表的な症状は「間欠性跛行」です。歩いていると早ければ数分で腰痛や下肢のしびれや痛みが強くなってきます。しかし、しばらくしゃがむか、いすに腰掛けて休むと痛みやしびれが収まって再び歩いたり、立ったりできるようになります。休むと症状が治まるのは、腰掛の姿勢などにより、脊柱管の狭まっている部分が広がり、緩むためです。長時間立つこと、まっすぐ立つことが困難になります。仰向けで寝ると、腰が反って脊柱管が狭くなるためにやはり、痛みやしびれが出てきます。座るときも体を反って座るとしびれや痛みが出てきます。痛みよりも足のしびれ、会陰部のしびれ・灼熱感、時には脱力感が現るれこともあります。人により、残尿感、失禁、頻尿、排便異常などの膀胱直腸障害が現れることもあります。

脊柱管狭窄症にならないためにどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

腰椎に脊柱管狭窄という状態が起こったのが腰部脊柱管狭窄症です。脊柱管を広げることは不可能ですが、たとえ脊柱管狭窄症であっても座骨神経痛という症状が出ないように気を付けることは可能です。そのために気を付けていただきたいのは冷えです。冬の寒さはもちろん、夏の冷房、あるいは冷たいものを食べたり飲んだりすることによって脊柱管狭窄症の方は坐骨神経痛という症状が出てきます。患者様の例を挙げてみましょう。

例1 夏クーラーをガンガンにかけ、冷たい飲み物を多量に飲み、半ズボンのパジャマで就寝を続けていたAさん、ある日、歩けないほどの座骨神経痛になり、足のつっぱり、しびれ痛みのために救急車で病院に運ばれる。2か月入院治療するがまったくよくならず、自主退院し、当院に来院。冷えが原因であることを説明し、徹底的に冷える生活を変えてもらい、鍼灸治療をする。座骨神経痛の症状は消え、元の生活ができるようになる。

例2 座骨神経痛のために来院。Bさんは、冷たいもの飲み食いはしないように気を付けておられたが発症。いろいろお聞きしていく中で、入浴後軽い服装で1~2時間過ごすとのこと。季節は冬だったので、これが原因になっているのであろうと考えられたので、入浴後は暖かくされるようにしていただく。鍼灸治療との効果が合わさって早いうちに座骨神経痛の症状が消える。

例3 タクシーの運転手のCさん。夏に座骨神経痛で来院。狭い空間での冷房が原因と考えられたので、ズボン下の着用を提案。鍼灸治療の効果と合わさって早期に症状改善。

例4 コンビニの店主のDさん。 座骨神経痛で来院。ベッドに座ることも寝ることも不可能なほどのしびれ痛み、つっぱり感があった。コンビニの店主ということで、長時間強い冷房の中での仕事を強いられる。シャワーをご使用だったので、シャワーは非常に冷えることをご理解していただき、湯船に入るようにしていただく。仕事中の服装にも気を付けていただき、半ズボンから長ズボンに、ズボン下も着用していただく。座骨神経痛の症状は鍼灸治療と相まって消えた。

※温めればいいのだといって服をたくさん着用されても汗をかかれると反対に冷えるので注意が必要です。根本的には暖かい体作りを目指されるのが遠道に見えて本当は1番着実な方法です。

脊柱管狭窄症(座骨神経痛)の鍼灸治療で使うツボ

足三里、衝陽、環跳、委中、腰腿点、臨泣、湧泉、太谿など

タイトルとURLをコピーしました