アトピー性皮膚炎(脱ステロイド)

大阪府東大阪市(大阪市、八尾市、生駒市からも至近)のたつみ鍼灸(はり・きゅう)院

アトピー性皮膚炎で1度は脱ステロイドをめざしたけれど、途中であきらめてしまわれたのではないでしょうか。もう1度勇気をもって一歩踏み出しませんか。

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)は、アトピー性皮膚炎で脱ステロイドを目指しておられるあなたを全力で支え、笑顔が見られるように鍼灸治療していきます。

「アトピー性皮膚炎 さえなかったら」じゃなくて、
「アトピー性皮膚炎 があったから」と言ってもらえる日が来るように、たつみ鍼灸院(東大阪市)は、長年にわたって培った確かな鍼灸の技術で、鍼灸治療に取り組んでいます。
漢方の理論に基づき、お一人お一人の体質、症状に合わせた治療を行いますので安心して鍼灸治療をお受けいただけます。

 

アトピー性皮膚炎(脱ステロイド)を克服された患者様の体験談

 

脱ステロイドをしてからは、顔と足からはすごい量の浸出液が滲み出し、いつもジュクジュクしていた。浸出液が固まり、それが剥がれ落ちる。剥がれ落ちるとそこからまた浸出液が出てくる。いつになったら止まるのか先の見えない不安に押しつぶされそうになる。かゆみの為に眠れない。鍼灸治療の効果が出てきた。8時間ぶっ通しで眠れた。足の腫れが引いてきた。浸出液が出なくなった。 (続きを読む)

アトピー性皮膚炎と脱ステロイド

アトピー性皮膚炎の方々の中には、脱ステロイドを決意して実行したもののその大変さに、再びステロイドを使用されるようになった人も多くいらっしゃるようです。
ステロイドのこわいことは十分承知しながらどうしても止められない。
それでも自分自身に起こってきていることを考えるとステロイドはやめたい。
しかしその方法がわからない。など悩んでおられるのではないでしょうか?
ステロイドがなぜ怖いのか?
アトピー性皮膚炎の患者さんが皮膚科に行って処方されるのはほとんどがステロイド剤です。

ステロイド剤の怖いわけその1

ステロイド剤を使うと確かに症状が軽快します。
しかし、アトピー性皮膚炎が治ったかというと決してそうではないところが恐ろしいのです。
良くなっているかのように最初は思います。
わたしは、良くなったと思って薬をやめると、症状が爆発的に再燃して酷い状態になってしまった患者様を多く見てきました。
そして、皮膚科に行くとさらに強いステロイド剤を処方されたとおっしゃいます。
なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
ステロイド剤は決してアトピー性皮膚炎を根治する薬ではないのです。
治ったかのように錯覚させるだけなのです。
アトピー性皮膚炎の患者さんは、痒くなくなったので、アトピー性皮膚炎に悪い食品なども考慮しないで普通に召し上がります。
その結果、体の中にはアトピー性皮膚炎に悪い物質が蓄積していきます。
その量が、使用しているステロイド剤で押さえ込めなくなったとき、アトピー性皮膚炎が再燃します。
アトピー性皮膚炎の症状は以前より悪くなっているのは論を待ちません。
皮膚科では、さらに強いステロイド剤が処方されます。
最初は赤ちゃんにも使用するぐらい弱いステロイド剤を処方されていた患者さんもだんだん強い薬になっていき、それも効かなくなると・・・という道筋をたどられる方もいらっしゃいます。

ステロイド剤の怖いわけその2

病気は誰が治すのか。
医者と思っておられる方がほとんどでしょう。
医者に薬を貰って飲めば治ると思っておられると思います。
ほんとうにそうでしょうか?
病気を治すのは、あなたご自身の自然治癒力なのです。
薬はそれを手伝うものでしかありません。
ステロイド剤すなわち副腎皮質ホルモンは人間の体で作られています。
しかし、外からステロイド剤を補うことによって人間の体は分泌するのをやめようとします。
ここが怖いところです。
ステロイド剤を使えば使うほど、自然治癒力が減っていく。
自然治癒力が発揮できない体になってしまうのです。
薬として使っているステロイド剤は、人間が自分で作り出している副腎皮質ホルモンとは微量なところでなにかが違うのだと思います。
だから問題が起こるのだと思われます。

アトピー性皮膚炎―脱ステロイドを成功させるためのセルフケア

食事に気を付けましょう。

アトピー性皮膚炎の方でなくても、多食することによってかゆみを引き起こす食事があります。
砂糖を使ったもの、油脂を使ったもの、もち米を使ったもの、チョコレート、ナッツ類などは避けた方が賢明です。
多く摂っていただきたいのは野菜です。
体を冷やす食品も避けていただきたいです。
体の冷えはアトピー性皮膚炎だけでなく、多くの病気の土台になっています。
冷えがなくなっていくのに応じて病気が改善されていかれるのを多く見ています。
アトピー性皮膚炎の方々は皮膚表面は熱を持っていますが、体の芯は冷えておられます。
血流を良くするように気を付けよう。
顔は赤いのに手足の先は氷のように冷たい。
アトピー性皮膚炎の患者さんの特徴です。
血流を良くして熱を均一にすれば、顔の赤みは収まり、手足は温まります。
血流を良くするためには、ぬるめのお湯にゆっくりつかったり、ウォーキングなど軽い運動をして緊張をほぐすようにしましょう。

アトピー性皮膚炎(脱ステロイド)の鍼灸治療で良く使うツボ

行間、曲池、期門、章門、三陰交、血海、豊隆、合谷、商陽、陰陵泉、隠白、三里、陰谷、内庭など

タイトルとURLをコピーしました