更年期障害

更年期障害の鍼灸(はり・きゅう)治療
-たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)

当鍼灸院の更年期障害の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。
当鍼灸院では、更年期障害の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体調も良くしていきます。

更年期障害の症状

一般に閉経期前後の女性に現れる特有の肉体的・精神的変化を更年期障害とよんでいます。
更年期障害の症状としては、冷えのぼせ、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、頭痛、頭重、不安感、物忘れ、神経過敏、ノイローゼなど様々な自律神経失調症の症状が現れます。

更年期障害の治療について・・・
たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

更年期障害でお悩みではありませんか
更年期障害かなと思うんだけど、急に熱くなって汗をめちゃくちゃかくのです。
更年期障害かな。気分が落ち込んで何もする気がしないのです。
肩こりがひどくて、なんでもないことにイライラしてしまうのです。これって更年期障害?
更年期障害の方でこのようにおっしゃって来院される方が多いのですが、当院の鍼灸治療を受けられて良くなっていかれていますので安心してください。
更年期障害は全身の不調和の現われです。
更年期障害の本当の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。
自然治癒力が働けばしめたものです。
あなたの体の各組織が更年期障害を治すように働き始めます。
このことが本当の意味での更年期障害を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

更年期障害の原因

更年期障害の原因としてまず挙げられるのは、女性の生理周期が終わることによります。
女性の体が保っていたホルモン周期を行えなくなり、それに影響されて自律神経系のバランスが崩れ、更年期障害が発症します。
また、更年期障害の原因には、ストレスも大きく係わっています。
体力がある若いときならば、多少ストレスが強くても、乗り越えられたのが、年とともに体力が落ち、ストレスが体の症状-更年期障害として表われたとも考えられます。
さらに、近年の食生活の乱れ、ストレスの多い生活環境が、心身のバランスの乱れを引き起こし、結果、更年期障害を重症化しているように思われます。

更年期障害の鍼灸(はり・きゅう)治療

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の更年期障害の鍼灸(はり・きゅう)治療の3本の柱

1,更年期障害のつらい症状をとる鍼灸(はり・きゅう)治療

更年期障害のそれぞれの症状に応じたツボにはりをすることによって、(例・・ホットフラッシュならホットフラッシュをとるためのツボを使います)症状を緩和していきます。

2,更年期障害の真の原因の対しての鍼灸(はり・きゅう)治療

更年期障害の真の原因・・・ホルモンバランスは閉経期の女性には必ず訪れます。
しかし、更年期障害には軽重があります。
更年期障害を引き起こしている真の原因・・・ストレスなどにアプローチすることによって1の更年期障害  の鍼灸治療をより効果あるもにします。

3,全身のバランスを整え、体の中から更年期障害を良くしていく鍼灸(はり・きゅう)治療

全身のバランスを整えることによって、1,2の更年期障害の鍼灸治療がさらに効果的になります。

更年期障害の症例

Yさん 主婦 50代女性 大阪府八尾市
更年期障害だと思うんだけど・・・といって来院されたYさん。
上半身特に頭部の発汗がひどく、そのために夏でも寒く、冷房の部屋にはいると寒くて、寒くて・・・少しの風でも寒くてしようがないため、夏でも窓が開けられない。
また、更年期障害特有の不安感も訴えられました。
今まで熱が出ても寝込んだことがなかったYさんですが、更年期障害のために落ち込んで、元気が全くないご様子でした。
肩、肩胛骨あたりもバリバリにこっておられました。
Yさんの更年期障害はホルモンバランスの崩れからきているように伺えました。
いままで子供やご主人の大病などで常に気を張って生活されてこられたYさん。
やっと生活も落ち着き、肩の荷を下ろされたところへ更年期の時期と重なったために、更年期障害が出てきたようです。
ホルモンバランスを整えるはり・きゅう治療をし、感じておられるストレス緩和も図りました。
このようなはり・きゅう治療で、更年期障害のひどい発汗も収まり、寒さも改善していきました。
体調がよくなるにつれ、不安感も徐々に薄れ、更年期障害から回復され、もとの明るいYさんにもどっていかれました。