股関節の痛み(変形性股関節症)

股関節の痛み(変形性股関節症)の鍼灸治療 - たつみ鍼灸院(東大阪市・八尾市)

鍼灸に出会ってよかった。股関節の激痛から解放され海外旅行に行けた。(八尾市 Nさん 女性 主婦)

買い物途中、股関節のあまりの痛みのためにしばらく店内でうずくまっていたことが何度もあります。
少し歩いただけで痛みに襲われました。だんだん痛みがきつくなってきて本当につらかったです。
手術しかないのかと思うと不安で不安で仕方がなかったです。

鍼灸に出会ってよかったです。
買い物は苦痛ではなくなったし、海外旅行に行けるようになったのですから。

股関節の痛み(変形性股関節症)でお悩みではありませんか?

・少し歩くと股関節が痛くなって歩けない。休み休みやっと歩いている。
・軟骨がすり減っているらしく、手術を勧められた。
・痛みの為に仕事をするのもつらい。
・歩くと痛いので、歩くのが億劫になってしまって、外出できない。
・和式トイレが使えない。正坐も無理です。
・階段の上り下りは手すりを持って一段ずつしか上り下りができない。
・夜、寝ていると痛みで目が覚めてしまう。

股関節の痛みなら臨床経験豊富な当鍼灸院にご相談ください。

股関節の痛みは当院が力を入れている治療分野です。
Nさんだけでなく、股関節の痛みで悩まれておられた多くの方が来院してくださっています。
病院の治療では、股関節の痛みが取れず、不安な思いをされていた方も「鍼灸ってこんなに効くの!!」と、びっくりされることがあります。

なぜ股関節の痛みの治療に当院の鍼灸が期待できるのでしょうか。

それは、長い歴史に培われた中国鍼灸、そして現代医学の研究、さらに豊かな臨床経験に基づいた鍼灸治療だからです。

股関節の痛み(変形性股関節症)について

股関節は上半身と下半身をつなぐ一大ジョイントです。
人の動きは、このジョイント部分がなめらかに動くかどうかにかかっています。
股関節がなめらかに動くかどうかは、人生の先行きを大きく左右します。

最初は時々股関節に違和感を覚える程度だったのが…
年月を重ねるごとにひどくなってきて、日常生活のちょっとしたことも苦痛を感じるようになります。
病院では、股関節を治すには最終的には手術しかないと言われてショックを受けられる方が多くおられます。

股関節の痛みの原因を単純に骨や軟骨の変形に求めるのでは、股関節の痛みは解消しません。
もっと広い視野から股関節の痛みの原因をみていく必要があります。
股関節をはじめ、体の各関節には関節包という骨膜が進化した袋状の組織があります。
この中に炎症が生じた時、関節包からの関連痛として股関節の痛みが生じます。
また、股関節周囲の筋肉に炎症がみられると、股関節に痛みが生じます。

なぜ、股関節に炎症が生じるのでしょうか…

単に使い過ぎというだけでなく、内臓の疲れや弱り、冷えなどといった原因も関与して炎症が生じます。
「痛み止めを飲んでも効かない」という声を耳にします。
痛み止めは、痛みを感じなくさせる薬であって治す薬ではないのです。

股関節の痛み(変形性股関節症)の鍼灸治療の3本の柱

1.股関節の痛みに有効なツボをとることによって、痛みの解消を図る鍼灸治療

股関節の痛みー炎症を速やかに解消することが患者様にとっての1番の願いです。。

股関節周囲の筋肉が正常化することを最優先にします。股関節の痛みからの解放です。
股関節内の環境を良くする(体の各組織の正常に働くようにする)
自然治癒力が働きやすい体の状態を作ることが股関節周りの筋肉、関節包の内部環境を良くしていきます。

2.股関節の痛みの真の原因に対しての鍼灸治療

股関節の痛みの真の原因・・・内臓の疲れや弱り、冷え、体の疲労などにアプローチすることによって、1で行なうの鍼灸治療をより効果あるものにします。

3.全身のバランスを整え、体の中から 股関節の痛みを良くしていく鍼灸治療

全身のバランスを整えることによって、1,2の股関節の痛み(変形性股関節症)の鍼灸治療の効果がさらに確かなものになります。

股関節の痛み(変形性股関節症)を起こさない方法

普段の生活の中で股関節を動かすことを心がけて下さい。

股関節の痛みは生活の仕方が変わったことに原因があります。

便利すぎる現代社会は、股関節をあまり動かさない生活になっています。
・しゃがんだり、かがんだりする機会が生活の中から極端に減りました。
・歩くことが少なくなり、長時間座りっぱなしの生活の人が増えました。

かしこい食生活が股関節の痛みを防ぎます。
暴飲暴食、冷たい物の飲み食いは、胃腸を疲れさせ股関節の痛みを呼び込みます。

股関節の痛みの鍼灸治療の症例

身体じゅうに痛みが…そこに股関節の痛みが加わった。受けた鍼灸治療で生き返った。(東大阪市 女性 Aさん)

坐骨神経痛、腰痛、膝痛、五十肩、偏頭痛、吐き気、むくみ、足の痛みだけでもつらかったのに、その上に股関節の痛みが加わったのは3~4ヶ月前。

歩く時、股関節の痛みを感じるようになり、なんとかしなければと思っていたところに2週間前、股関節の奥がビキッと痛みが走りました。
他の鍼灸院に通うが、痛いところがあり過ぎてなかなか良くならなかったのです。

当鍼灸に来院されました。
1か月後には何かの拍子に痛みを感じるものの、股関節の痛みを感じることは少なくなりました。
股関節のほかの部位の痛みも軽減していきました。

その後順調に回復。
2か月後には、股関節の痛みを感じることはほとんどなく、腰痛、膝の痛み、坐骨神経痛などAさんを悩ませた体の痛みもまた改善しました。
毎日生きていくことが苦しくて仕方がなかったAさんですが、痛みから解放されて笑顔が見られるようになりました。

レジで並ぶのもつらかった股関節の痛みから回復。仕事ができるようになった。(八尾市 女性 Bさん)

Bさんは、体全体が痛くって日常生活がスムーズに送れませんでした。

右四十肩は6年前から。今も痛みがひどく、うずいて夜も寝むれません。
左四十肩も3年前から痛みを感じています。腰痛持ちでもあります。ここに左の股関節の痛みが加わりました。

スーパーへ買い物に行っても少し買い物をすると股関節が痛くて立っていられないのです。
あれも買わなければと思うのですが、買うのをあきらめてレジに並 びます。
レジに並んでいる時も「早く早く」と心の中で祈っています。
歩く時も股関節が痛いのでチョコチョコとしか歩けません。
仕事をしたいのですがそれどころではありませんでした。

当院の鍼灸治療を受けられて1か月後
股関節の痛みが少しましになり、買い物ができるようになりました。
友達に「普通に歩けるようになってるね」と言われました。
何よりうれしいのは子供と一緒に買い物ができることです。

Bさんは順調に良くなられ、股関節の痛みだけでなく、四十肩、腰痛、手指の痛み等も克服され、仕事にもつかれました。

内装業の仕事が股関節の痛みのためにできなくなったらと思うと不安でいっぱい。鍼灸でよくなって不安も解消(東大阪市 男性 Cさん)

奥様の紹介で来られたCさん。
腰痛に加ええて股関節の痛みで仕事ができなくなるのではという不安が生じてきました。
しゃがむことができません。
鍼灸治療1回で少し楽になり、治るという希望が湧いてきました。

4回目に来られた時には「もう完全に良くなりました。痛みが全くないので仕事も順調にできています。」とのことでした。

体操をして股関節を痛め、長く歩けなくなった。鍼灸治療で回復。長時間の歩行も苦痛なくできるようになった。(八尾市 女性 Dさん)

Dさんには元々股関節のくぼみが浅いので右股関節を脱臼したための手術歴があります。
5か月前に無理な体操をしてしまったので股関節に痛みが出てきました。
足があがりにくく、長く歩くと痛みがひどくなるので歩けません。

整形に行き、電気治療をしてもらいましたが、一向に良くなりませんでした。
膝にも痛みが生じてきました。

鍼灸治療1か月後には股関節の痛みと膝の痛みが和らいできました。
2か月後には股関節の痛みはほぼ回復しました。

股関節の痛みの治療で使ったツボ

三里・衝陽・委中・環跳・臨泣・太衡 etc