冷え症

冷え症の鍼灸(はり・きゅう)治療-たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)

当鍼灸院の冷え症の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。
当鍼灸院では、冷え症の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体の中から体調も良くしていきます。

冷え症の治療について
たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

冷え症でつらい思いをされていませんか?
冷え症で眠れないから靴下をはいたり、電気毛布などで寝ていらっしゃいませんか?
冷え症で夏の冷房がつらくってとおっしゃる方も。
そして年々、冷え症がきつくなっていっていませんか?
それは冷え症が起こった原因を無視した生活をなさっているからです。
冷え症は全身の不調和の現われです。
また、冷え症は自律神経失調症などの病気の下地にもなっているので、早く対策を講じられたほうがいいですね。
外からいくら温めても内臓の弱りや疲れ、ストレスなどといった冷え症の原因をよくする治療や生活をしていない限り冷え症は出てきます。
冷え症の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。
自然治癒力が発揮できるようになればしめたものです。
あなたの体の各組織が冷え症を治すように働き始めます。
これが本当の意味での冷え症を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

冷え症とは

日本では女性の7割近くが慢性的な冷え症です。
男性には少ないと言われていますが、自覚症状がないだけで男性の冷え症も近年急激に増えています。
また上半身が暑いために下半身の冷えに気がつかれてない方も多くおられます。
冷え症があまりにもきつすぎるために、身体の熱が冷えと混じり合わず、逆に末端に逃げてしまい、手足にほてりを感じる方もおられます。
足を布団から出さないと寝られないと仰います。
冷え症なのにほてるからと言って足を冷やすのは逆効果です。

冷え症の原因

冷え症の原因は外からの冷え(冷房など)と中からの冷え (冷える食品の飲食・・・〔例〕そば、かに、なす、こんにゃく、すいか、バナナなど暑いところでとれる食材や、夏にとれる食材、冷やした食材など) があります。
冷房と冷蔵庫の普及によって冷え症の人が急激に増えています。
ストレスもまた冷え症を作ります。
ストレスによって、「気」が滞り、「気」の滞りによって「血」が滞り、血行不良が生じます。
そして、冷え症が生まれます。
冷えはたまると体の一番弱いところに現れます。
冷えは心と体のバランスを崩します・・・自律神経失調症、心身症など
冷えが呼吸器に・・・風邪症候群、気管支炎、気管支喘息など
冷えが消化器に・・・胃潰瘍、大腸炎、下痢、便秘など
冷えが泌尿器系に・・・腎臓病、膀胱炎、腎盂炎、腎炎など
冷えが生殖器に・・・生理痛、生理不順、子宮内膜症、不妊症など
冷えが運動器系に・・・腰痛、肩こり、膝痛、慢性関節リュウマチなど
その他・・・アトピー、花粉症、むくみ、肌荒れ、じんましん、不眠など
冷え症はいろいろな病気の根幹にあります。冷え症を克服するだけでも、病気の治療はずいぶん進みます。

冷え症の鍼灸(はり・きゅう)治療

体力があまりないタイプの冷え症の方には体内に寒さと余分な水分があり、血が不足しているので温めて水分代謝をよくし、血を補うはり・きゅう治療をします。
このタイプの冷え症の人は、皮膚が乾燥する。手足などの末端が冷える。
あかぎれ、ひび割れが出来やすく、血行の悪さも目立ちます。
胃腸が弱い人が多いので、胃腸を整えるはり・きゅう治療も必要です。
血行が悪く(瘀血)、冷え症になっておられる方は
くちびるがかわき、皮膚に毛細血管が浮いて見えます。
生理に血の塊が混じる。
左右の下腹を押すと痛い。
出血しやすい、のぼせやすいという症状のある冷え症の人は冷えと熱が同時に存在している状態です。
まず、瘀血を取り除き、血行をよくするはり・きゅう治療をします。
イライラしやすいタイプの冷え症の方は体が丈夫にもかかわらず、ストレスが原因で冷え性になっているタイプです。
精神的なストレスがあり、のどや胸のつまり感、腹が張るなどの症状があります。
気のめぐりをよくし、それと伴に血のめぐりをよくするはり・きゅう治療をします。

冷え性の鍼灸治療の症例

gさん 会社員 30代女性 兵庫県
今まで、10年以上パソコン相手に、1日10時間以上仕事をして来られました。
仕事が楽しいので身体の不調に気がつかれなかったそうです。
仕事内容が変り、やっと自分の体のことに目がいくようになると、いろいろ身体の不調が気になりだされました。
ひどい肩こりに加え、冷え性、生理痛、生理不順・・・このままでは大変なことになりそうだと思われて、はり・きゅう治療に来られました。
問診、脈診からgさんの冷え症をはじめとする諸症状は、精神的、肉体的ストレスによる血行不良があるように伺えました。
胃腸にもストレスがかかっています。
ストレスの緩和を主とし、血行不良をよくするはりきゅう治療をしました。
次回はり・きゅう治療に来られたときは、肩こりもだいぶ楽になり、「足が温かくなり、とっても快調です。」とのことでした。