ドライアイ

ドライアイの鍼灸治療ーたつみ鍼灸院(東大阪市 八尾市)

仕事は1日10時間以上パソコン相手そしてドライアイに(東大阪市 男性 Aさん)

仕事はパソコン相手です。1日最低10時間はパソコン画面を見続けています。目がいつもごろごろするので眼科に行ったら「ドライアイ」と言われて目薬が出されました。目薬を注した時はいいのですがすぐにごろごろしてきます。特に夕方ぐらいから目がつらくなってきます。ひりひり痛く感じるときがあります。この状態で仕事をするのはもうめちゃくちゃつらいです。しかししないわけにいかないのです。

はり治療を受けてびっくりしました。「目、どうですか?潤ってきたでしょう。」と言われて…本当に潤ってきたのにびっくりしました。潤ってきたでしょう。ごろごろもなくなっていました。

ドライアイでお悩みではありませんか?

・目が疲れやすい。
・目がごろごろする。
・朝、目が開けにくい。
・目がくしゃくしゃする。
・目がかすむ。
・コンタクトレンズをすると目が痛い。

ドライアイなら臨床経験豊富な当鍼灸院にご相談ください。
ドライアイは当院が力を入れている治療分野です。
Aさんだけでなく、ドライアイで悩まれておられた多くの方が来院してくださっています。
ドライアイの改善が見られず、不安な思いをされていた方も「鍼灸ってこんなに効くの!!」と、びっくりされることがあります。

なぜのドライアイの治療に当院の鍼灸が期待できるのでしょうか。

それは、長い歴史に培われた中国鍼灸、そして現代医学の研究、さらに豊かな臨床経験に基づいた鍼灸治療だからです。

ドライアイの鍼灸治療の3本の柱

1、目の血行をよくし、目に水分がいきわたるようにしてドライアイを改善する鍼灸治療

ドライアイに効果のあるツボ(曲泉、陰谷、風池、人中など)にはりをし、ドライアイを改善していきます。

2,ドライアイの真の原因に対しての鍼灸治療

ドライアイの真の原因・・・目の酷使、ストレス、胃腸の疲弊、過労、冷え、睡眠不足、自律神経失調症などにアプローチすることによって、1で行なうドライアイの鍼灸治療をより効果あるものにします。

3,全身のバランスを整え、体の中からドライアイをよくしていく鍼灸治療

全身のバランスを整えることによって、1,2のドライアイの鍼灸治療の効果が高くなります。

ドライアイの鍼灸治療の症例

交通事故の後遺症でドライアイに(八尾市 男性 Bさん)

数年前の交通事故の後遺症の治療に来られたBさん。むち打ち症状で首が非常につらいご様子でした。その上に事故後ドライアイになったとおっしゃり、ドライアイもひどい状態でした。普通「陰谷」にはりをすれば潤ってきます。しかし、Bさんのドライアイはそんな簡単なものではありませんでした。ドライアイの背景には原因が複雑に絡み合っていました。交通事故、むち打ちによる首症状、ストレス、胃腸の不調、睡眠障害などなど…脈を診ながらいい体調づくりを目指しました。そしてやっと目に潤いを感じてくださるようになりました。

 

未分類
東大阪市 八尾市 はり・きゅうなら【たつみ鍼灸院】[土・日・祝も診療]