気管支ぜんそくの治療|東大阪市の鍼灸院

電話番号電話番号
お問い合わせお問い合わせ
日々の痛みから難治性の症状改善まで日々の痛みから難治性の症状改善まで
トップ料金アクセス当院の紹介治療方法
治療の流れ症状一覧患者様の声体験談よくあるご質問

気管支ぜんそく

気管支ぜんそくの治療は、東大阪市のたつみ鍼灸院にお任せ下さい!
私の気管支ぜんそくはもう治らないかもと諦めかけていませんか?
幸福を作るのはあなた自身。勇気をもって一歩踏み出しましょう。

たつみ鍼灸院(東大阪市)は、気管支ぜんそくで悩んでおられるあなたを全力で支え、
笑顔が見られるように鍼灸治療していきます。
「気管支ぜんそく さえなかったら」じゃなくて、「気管支ぜんそく があったから」と言ってもらえる日が
来るように、当鍼灸院は、長年にわたって培った確かな鍼灸の技術で、鍼灸治療に取り組んでいます。
漢方の理論に基づき、お一人お一人の体質、症状に合わせた治療を行いますので、
安心して鍼灸治療をお受けいただけます。

気管支ぜんそくとは

45歳の主婦の方が「1ヵ月前から夜間の咳が止まらず、夜もよく眠れない。
病院に行くと気管支ぜんそくと言われた」と言って来院されました。
激しい咳が出るからと言って気管支ぜんそくとは限りません。
気管支ぜんそくとよく似た症状の病気には、慢性閉塞性肺疾患、気胸、過換気症候群、肺水腫などがあります。
また、気管支ぜんそくと見分けがつきにくいものに咳ぜんそく(咳ぜんそく・・・1か月以上にわたって
乾いた咳が出る。長話をすると咳き込む。痰は出ない。夜中から明け方にかけて咳き込む)があります。

気管支ぜんそくとはどんな病気でしょうか?

気管支ぜんそくの方の気道は常に炎症を起こしています。
そのために、気道が狭くなっていて、空気が通りにくくなっています。
炎症が起こっている気道は非常に敏感です。
正常な気道なら何ら問題が起こらないホコリ、タバコ、ストレスなどわずかな刺激でも狭くなるために
発作が起きてしまいます。

気管支ぜんそくの代表的な症状

咳、呼吸時の喘鳴(気道がヒューヒュー、ゼーゼーとなる)、痰、息苦しさ。

気管支ぜんそくの特徴

気管支ぜんそくの鍼灸治療

ぜんそくの症状や発作が起きた時に症状を鎮める鍼灸治療。
気管支ぜんそくの症状は大変苦しいものです。できるだけ早くぜんそくの症状をとる必要があります。
たつみ鍼灸院では、気管支ぜんそくの発作が起こっておられる患者さんの苦痛を取り除くために
有効なツボを用いて鍼灸治療をしています。
ほとんどの気管支ぜんそくの患者さんは、鍼灸治療1~3回で症状が大幅に改善されておられます。

体の内側からぜんそく体質を改善する鍼灸治療

気管支ぜんそくの治療で大事なのはぜんそくが起こらない体づくりすなわち根本治療です。
気管支ぜんそくの直接の原因はダニなどのアレルゲンにあるとしても、アレルゲンをすべて除去することは不可能です。
また、風邪を引かないように気を付けていても引いてしまいます。
ストレスも気管支ぜんそくの発作をひき起こすと言われていますが、ストレスも避けて通れません。
それでは一生気管支ぜんそくの苦しさからは、逃れられないですよね。
そのためにたつみ鍼灸院では患者様の体質改善のための鍼灸治療をしています。

気管支ぜんそくのセルフケア

温かい体作り
冷たい体は病気の元です。食べ物、飲み物は体を冷やすものは避けましょう。
適度に体を動かすことによって心肺機能が高まります。基礎体力のアップにもつながって発作の予防になります。

注意
準備運動は十分に苦しくなったらすぐ休む。気温の低い朝はしない。

気管支ぜんそくの鍼灸治療で使うツボ

定喘、肺兪、風門、合谷、豊隆、天突、足三里、太衝、衝陽など。



東大阪市のたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス東大阪市のたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス 日々の痛みから難治性の症状改善まで
トップ
料金
アクセス
当院の紹介
治療方法
治療の流れ
症状一覧
患者様の声
体験談
よくあるご質問
お問い合わせ


東大阪市のたつみ鍼灸院
住 所 東大阪市稲葉3-4-23
電 話 072-964-6617
受 付 9:00~21:00
料 金 4,000円(予約制)
休診日 水曜日 ※土日祝も診療
駐車場 ご用意しています
最寄駅 河内花園駅・東花園駅
[ 主な対応エリア ]

東大阪市、八尾市大阪市
生駒市柏原市大東市