生理痛の治療|東大阪市の鍼灸院

電話番号電話番号
お問い合わせお問い合わせ
日々の痛みから難治性の症状改善まで日々の痛みから難治性の症状改善まで
トップ料金アクセス当院の紹介治療方法
治療の流れ症状一覧患者様の声体験談よくあるご質問

生理痛・月経困難症

生理痛・月経困難症の治療は、東大阪市のたつみ鍼灸院にお任せ下さい!
当鍼灸院の生理痛の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。
生理痛の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体調も良くしていきます。

生理痛の治療について

生理痛(月経困難症)で悩んでいらっしゃいませんか?

生理痛の症状のためにこのようにおっしゃって来院される方が多いのですが、
当院の鍼灸治療を受けられて良くなっていかれていますから安心してください。
生理痛は全身の不調和の現われです。
生理痛の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。
自然治癒力が働けばしめたものです。あなたの体の各組織が生理痛を治すために働き始めます。
これが、本当の意味での生理痛を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

月経前(生理前)症候群

生理痛よりも生理前の方がつらいと言われる方も多くいらっしゃいます。
症状は、イライラする、怒りっぽくなる、憂うつ、集中力の低下、眠気が強い、下腹部痛、
頭痛、腰痛、乳房のはりや痛み、疲れやすい、むくみ、甘いものを食べたくなるなどです。

生理痛(月経困難症)・月経前症候群の原因

器質性生理痛(月経困難症)
子宮筋腫や子宮内膜症、骨盤内癒着などの疾患が原因で引き起こされます。

機能性生理痛(月経困難症)
取り立ててこれと言った疾患が認められないのに生理痛が起こる場合です。

ホルモンバランスが崩れたり、身体の発育が不十分だったり、あるいは心理的、精神的影響や
環境の変化などによっても生理痛は起こります。
また、生理痛は下半身の冷えが原因のことが多くあります。
生理の時、子宮に血液があることが正常な状態ですが、下半身を冷やすと血液量が少なくなり、
筋肉がうまく動かずに「ひきつる」という症状が起こります。
これが生理痛です。

生理痛(月経困難症)・月経前症候群の鍼灸(はり・きゅう)治療

生理痛(月経困難症)の鍼灸治療の症例

Wさん エスティシャン 20代女性 大阪市

酷い肩こり、首こり症状で来院されたWさんは、生理痛も酷く、月1回は学校や職場を休まなければならなかった
そうです。
生理痛は小学生の時からきつく、鎮痛剤を飲んでも、1日目は効かないほどの生理痛で悩んで、
当鍼灸院に来られました。

生理痛の原因を脈診、問診などからストレスや冷えが大きく関係しているように伺えました。
さらに、胃腸が弱い上に貧血の傾向もあります。
生理時はますます子宮内の血液が不足してしまい生理痛をきつくしていました。
職場を変えられるなどの生活環境の変化に伴うストレスもあり、生理痛をさらに酷いものにしているようです。
冷えについては、生野菜のサラダやくだものがお好きで良く召し上がっています。
これらは身体を冷やし生理痛をいっそうきつくします。

さらに、フローリングの床の上に直接、お布団を引いて寝ておられるとのこと。
フローリングは非常に冷えます。
冷える食生活、冷える住生活・・・生理痛がひどくなるのも当たり前です。
冷えを取り除き生理痛が緩和できるようにはり・きゅう治療をしました。

wさんの生理痛には、ストレスも関与しています。
ストレスも取り除き、生理痛が楽になるように鍼灸治療をしました。
Wさんは今まで生理痛がきつすぎたため、それほど生理痛解消に期待はされていなかったのですが、
次回、はり・きゅう治療で来院されたときは、「生理痛、ものすごく楽だったわ。
はじめて、仕事を休まなくて行けました」と喜んでくださいました。



東大阪市のたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス東大阪市のたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス 日々の痛みから難治性の症状改善まで
トップ
料金
アクセス
当院の紹介
治療方法
治療の流れ
症状一覧
患者様の声
体験談
よくあるご質問
お問い合わせ


東大阪市のたつみ鍼灸院
住 所 東大阪市稲葉3-4-23
電 話 072-964-6617
受 付 9:00~21:00
料 金 4,000円(予約制)
休診日 水曜日 ※土日祝も診療
駐車場 ご用意しています
最寄駅 河内花園駅・東花園駅
[ 主な対応エリア ]

東大阪市、八尾市大阪市
生駒市柏原市大東市