ぎっくり腰の治療|東大阪市の鍼灸院

電話番号電話番号
お問い合わせお問い合わせ
日々の痛みから難治性の症状改善まで日々の痛みから難治性の症状改善まで
トップ料金アクセス当院の紹介治療方法
治療の流れ症状一覧患者様の声体験談よくあるご質問

ぎっくり腰

ぎっくり腰の治療は、東大阪市のたつみ鍼灸院にお任せ下さい!
当鍼灸院のぎっくり腰の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。
ぎっくり腰だからと言って腰にはり・きゅうをするのではありません。
原因治療によって、ぎっくり腰の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体の中から体調も良くします。

ぎっくり腰の治療について

ぎっくり腰はつらいですね。
ぎっくり腰だから、腰の痛みをとるだけでいいのでしょうか?
腰に痛み止めの注射をしてもらったらひとまず痛みは取れたかもしれません。
しかし、ぎっくり腰は癖になるということをよく耳にします。
これは正しいのかと言えば正しいとも言えますし、まちがっているとも言えます。
なぜかと言えば、正しい治療をされたらぎっくり腰は癖にはなりません。
まちがった治療をされたらぎっくり腰は癖になります。
それは、ぎっくり腰が起こった原因を無視した治療だからです。
ぎっくり腰は全身の不調和の現われです。
ぎっくり腰の痛みをマヒさせても(内臓の弱りや疲れ、ストレス)などといった、
ぎっくり腰の原因をよくする治療をしないと、また、何らかの症状が出てきます。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は、急性病のように見えますが、
ぎっくり腰の症状が出やすくなるような体の条件が徐々に積み重なって、ある時突然症状が出たものです。
コップに1滴ずつ水をためていったら時間はかかりますが、いつかはコップは水で満杯になり、あふれ出ます。
この時がぎっくり腰が発症するときなのです。
1滴(原因)は、時には、腰への負担だったり、睡眠不足だったり、過労だったり、胃腸の疲れだったりします。
ぎっくり腰の原因で皆さんがあまりご存じないのが、冷えです。
特に夏、冷房で思いっきり身体を冷やし、その上に冷たいものを召し上がることが、
ぎっくり腰の発症を招いている場合もあります。

ぎっくり腰の鍼灸(はり・きゅう)治療

1~2回の鍼灸治療で良くなられる方が多い当鍼灸院のぎっくり腰治療。
ぎっくり腰のはり・きゅう治療は、 一時的にぎっくり腰の痛みをとるだけではなく、
ぎっくり腰を起こす体そのもののゆがみを取り去るのが当鍼灸院の治療です。
普通、1~2回の鍼灸治療でぎっくり腰のつらさが取れます。
ぎっくり腰で来院時は、歩くのもつらそうな方も、多くの方が鍼灸治療後、普通に歩いて帰られます。
ぎっくり腰を起こしたら・・・
※入浴はやめましょう(お風呂は入っているときは温かくて気持ちがいいのですが、
出ると急激に体温が下がり、ぎっくり腰の痛みを増強します。

ぎっくり腰の鍼灸治療の症例

Hさん パート 30代女性 東大阪市

Hさんは3月に1度はぎっくり腰を起こされていました。
ぎっくり腰が起こると、1週間はただただ痛みに耐え、3日間は起き上がることさえ無理だったそうです。
仕事は重いものを持っての、階段の上り下り。 常に腰に負担がかかっている状態です。
腎の機能が弱り、抵抗力が低下しています。そのために頻繁にぎっくり腰を起こされていると考えられました。
更に、冬でも冷えた飲み物をよく飲まれ、お腹も冷えた状態でした。
ぎっくり腰が起こる条件はありました。腰へかかっているストレスを取り除くことと、冷えを取り除くこと、
そして、腎の働きをよくすることをはり・きゅう治療の中心におきました。
Hさんには以上のことを考えた上でのはり・きゅう治療をしました。
このような方針でのはり、きゅう治療以降はぎっくり腰を起こされることはなくなり、
今は体調管理のために来ていただいています。



東大阪市のたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス東大阪市のたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス 日々の痛みから難治性の症状改善まで
トップ
料金
アクセス
当院の紹介
治療方法
治療の流れ
症状一覧
患者様の声
体験談
よくあるご質問
お問い合わせ


東大阪市のたつみ鍼灸院
住 所 東大阪市稲葉3-4-23
電 話 072-964-6617
受 付 9:00~21:00
料 金 4,000円(予約制)
休診日 水曜日 ※土日祝も診療
駐車場 ご用意しています
最寄駅 河内花園駅・東花園駅
[ 主な対応エリア ]

東大阪市、八尾市大阪市
生駒市柏原市大東市