病院の治療で良くならなかった突発性難聴 を克服(Tさん 奈良県生駒市)

突発性難聴(こもり感・耳鳴り・難聴)に加えての頭痛、めまい、睡眠障害などもよくなった

Tさん(生駒市、50代パート)は3日前に突発性難聴になられました。

耳鼻科を受診され、ステロイド剤による難聴の治療を受けられましたが、全く回復するきざしが見られませんでした。

意を決して当鍼灸院に来られました。
疲れてくると、こもり感・耳鳴り・難聴共にひどくなるとのことでした。

突発性難聴以外にも、頭痛・めまい・立ちくらみ・睡眠障害(寝つきが悪い、夜中に何回も目が覚める)・咳・むくみ等、種々の症状にも悩まされていました。

更に初診が、花粉症の時期とあって花粉症の症状も出ていました。
(咳・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ)
更に更にメニエールも持っているとのことで、めまい症状も突発難聴に加えて出ていました。
更に言えば、目がピクピクしたり等ストレスの症状も出ていました。

そして、半年後に亡くなられるのですが、この時、父親の介護の問題も抱えておられ、実にしんどい状態でのTさんの来院でした。
心をかきむしられる日々だったと推測します。

「現状を嘆いていても何もかわらない。たとえ一歩でも一ミリでも前に進んだ分だけ、突発性難聴は良くなるんだから、がんばってほしい」
旨をお話しし、 ハリ治療を開始しました。

突発難聴の症状は鍼治療を重ねるごとによくなられていきました。

 風邪をひかれた時は、少し後ずさりの傾向はあったものの、突発性難聴の症状は少しずつ良くなっていきました。

もちろんTさんを悩ましたほかの症状も消えていきました。
こもり感は早い時期にとれ、耳鳴りも、こもり感解消後しばらくして消沈しました。
難聴は低い音が聞こえにくいとのことで、一番最後まで残りましたが、3か月後には全く何の違和感もなく普通に聞こえるようになって下さいました。

いろいろなストレスを抱えながらも前向きに頑張ってくださった結果だと思います。

突発性難聴発症後非常に早い時期に当鍼灸院に来てくださったことも突発性難聴がよくなるのに寄与したのだと思っています。

使ったツボ
外関・中渚・臨泣・公孫・照海・然谷・行間・合谷・太衝・心兪・耳門 etc