繰り返しおこる耳鳴り難聴にハリ治療で終止符 (Eさん 大阪府八尾市)

繰り返しおこる耳鳴り難聴を何とかしてほしい

Eさん(八尾市、50代会社員)が耳鳴り難聴を訴えて当院に来られました。

「左の肩こりがひどくてつらいので自分で吸玉をしたところ肩は楽になったのだが、今度は耳鳴り難聴の症状が出てきてつらいのです。」とのことでした。

耳鳴り難聴は8年前にはじめておこり、4~5年前に2回目の耳鳴り難聴がおこりました。
3回目は2~3年前で、今は4回目の耳鳴り難聴です。

耳鳴り難聴は今回限りにしたいというのが、Eさんの強い希望でした。
Eさんは耳鳴り難聴の上に、左耳の低音障害、そして両耳がふさがった感もありました。
耳鳴り難聴以外にも立ちくらみ、寝つきの悪さ、動悸、息切れ、頭のしめつけ感、食欲不振等の症状も併せ持っておられました。

薬はメニエールとして処方されていました。
薬を服用されても耳鳴り難聴は、一向に良くならない。
更に良くなってもまた再発したらという思いからはじめてハリ治療を受けに来院された次第です。

耳鳴り難聴発症後、20日後に来られ比較的早い時期の来院でしたので、ハリ治療2回で耳鳴り難聴はましになり、閉塞感もほとんどとれました。また、耳鳴り難聴以外のいろいろな症状(立ちくらみ、睡眠障害、動悸・・・etc)も改善していきました。
 
約1か月後では、耳鳴りは大幅に改善、ごくわずかに鳴っている程度でした。
耳鳴り難聴発症の約半年前に体にかゆみが出て、その為皮膚科に通っておられるということでしたので、耳鳴り難聴の治療完了後、引き続きかゆみに対するハリ治療をさせていただきました。

皮膚のかゆみが治った時点でハリ治療を完了としましたが、耳鳴り難聴はほとんど気にならないまま経過しています。

使ったツボ
中渚・臨泣・公孫・合谷・太衝・三里・陰谷 etc