高齢での突発性難聴、ハリ治療で希望の人生を開いた(Uさん 大阪府東大阪市)

突発性難聴は年のせいだから馴れるしかないと言われた

Uさん(東大阪市、69才男性)のR耳にザーという耳鳴りが突然しだしました。
そして、その為に右耳が聞こえにくくなり、電話はもちろん、人と会って話をするのも思うようにできなくなったのです。

早速、耳鼻科を受診されましたが、 返ってきたのはUさんの突発性難聴は年のせいだから治療は無理ですという冷たい医者の言葉でした。
医者に慣れるしかないと言われても、四六時中鳴っている耳鳴りに慣れることなど不可能です。
しかも聞こえにくいために日常の会話にも不自由を来たされています。

「なんとかしてほしい」せっぱつまった思いで当院に来られました。
脈をみると風邪を少しひかれていますので、先ず、風邪の治療をしてから耳鳴りのハリ治療をしました。
足をさわると大変冷たいので、冷えは多くの病気の原因になることをお話ししました。

2回目の来院時、冷えの原因となる「ビールやコーヒーももうやめました。」とおっしゃいました。
Uさんの何としても良くなりたいという気持ちが伝わってきました。

そして1回のハリ治療で少し耳鳴りが小さくなったことにより、「医者に見放されたけれど突発性難聴はよくなりそうだ」と希望をみいだして下さったようです。

Uさんは4回のハリ治療で、耳鳴りは全くしなくなり、耳の聞こえも不自由なくできるようになられました。

あれほど苦しまれた突発性難聴がよくなったのです。
 
5回目、耳鳴りの治療として、使っていたツボの圧痛も消えていましたので、治療を終えることにしました。

使ったツボ
中渚・臨泣・合谷・太衝・三里・照海然谷・耳門・外関・風池風府