不妊治療の担当医から卵の質が悪いと言われた時、妊娠への夢が砕け散った。(Mさん 大阪府東大阪市)

そこから鍼灸治療で立ち上がって…妊娠、出産にこぎつけるまで

4月に初めて来院された東大阪市にお住いのMさんは30歳手前の方です。
まだ、お若いのですが、結婚して6年になります。1年前から病院で不妊治療を受けられていました。

しかし、採卵した卵が4つとも凍結したがすべて融解してしまい、医師からは「卵の質が悪かった」と言われました。
Mさんにとっては非常にショックな言葉でした。「卵の質が悪い」と言われてもどうしようもありません。妊娠の可能性を否定された言葉として心にひびきました。
そして藁をもすがる思いで不妊治療にために当鍼灸院に来られたのです。

「鍼灸治療で卵の質が改善するのか」がMさんの最大の関心事でした。

もちろん鍼灸治療で卵の質は改善します。卵の質だけではなく体がよくなれば不妊に原因になっている事柄も改善していきます。たとえば子宮内膜の厚さなどもです。

 鍼灸治療を受けて、5月末か6月末には体外受精をしたいというのがMさんの希望でした。

私の方からはあせらないで、まず体づくりを頑張ってほしいと伝え。
「歩くこと」
「温かい体をつくること」
の 2点をお願いしました。

Mさんは即実行されました。

4月末に病院へ行かれると排卵があり、子宮内膜が非常に良い状態との診断結果でした。
5月10日過ぎに来院された時はずっと高温が続いているとのことで、妊娠の可能性が考えられました。

後日、病院へ行かれたMさんは妊娠(+)という判定をもらわれました。
順調に妊娠経過をたどれられたMさんは無事元気な男児を出産されました。