病院の治療では、全く改善しなかった 顔面神経マヒ(ハント症候群)が100%近く 改善 (Mさん 大阪府東大阪市)

顔面神経マヒ(ハント症候群)が 医者がびっくりするくらい良くなった!!

東大阪市にお住いのMさんは46歳の主婦です。
子ども達は学校を卒業し社会人として自立していきました。
ほっとされている時に大きなストレスがMさんにのしかかってきました。
そして、そのストレスが契機となったのでしょう。
朝、起きてみると右の顔面に違和感を感じられました。
鏡で見てみると、右目が閉じず、口などに左右差があり過ぎてびっくりされました。
食事も思うように取れず、お茶も飲もうとすると口からダラダラとこぼれます。
脳に何か大変なことがおこったのではと心配になり、すぐに病院で受診されました。

脳には異常が無く、顔面神経マヒ(ハント症候群)という病名を医者から告げられました。
2週間入院して、ステロイドの点滴治療を受けられましたが、2週間後、顔面神経マヒ(ハント症候群)の回復の点数は 100点満点でわずか10点でした。
そして医者からは
「ハント症候群はベルマヒに比べて治りが悪いから仕方がありませんね。あとはリハビリで少しでも良くなるように頑張って下さい」
と言われてしまったのです。

顔面神経マヒ(ハント症候群)が引き金となったストレスの上に
顔面神経マヒ(ハント症候群)というストレスが重なったMさんは苦しくてたまりませんでした。
このまま、良くならなかったら…と思うと不安感がどんどん大きくなっていきます。
何とか治りたい一心で鍼灸という方法にたどり着かれました。

当院へ来られた時は、右の顔面はほとんど動きませんでした。
目、耳、首筋の痛みや聴覚過敏もありました。
Mさんは鍼灸治療をしている間も常に頬を触って動かすようにされています。
どうしても治りたいという気持ちが伝わってくる熱心さでした。
月に1回病院へ行って顔面神経マヒ(ハント症候群)の良くなっている度合を
みてもらっておられたのですが、 行かれる度に点数があがり、ついに90点にまでこぎつかれました。
「病院の先生は「ハント症候群」がこんなに良くなるなんて…」とびっくりされていました。

「はり治療を受けているからです」とのどまで出かかったけれど…
多分嫌な顔をされるのが分かっているので言いませんでした」とMさんの弁です。

Mさんにとってつらい時期でしたが、顔面神経マヒ(ハント症候群)を引き起したストレスを乗り越えられ、今は前を向いて歩んでおられます。