うつ病を脱して正社員に (Jさん 大阪府東大阪市)

リストラにあわれたのがうつ病発症の機縁

東大阪市にお住いのJさんは父親に連れられて来院されました。
34才の男性です。

外へ出ようとすると吐き気におそわれます。
頭痛・めまい・不安感・イライラ・下痢・冷え性・睡眠障害・体のだるさ等うつ病の症状も訴えられました。
リストラにあわれたのがうつ病発症の機縁になったようです。

はじめて当鍼灸院に来られた時は、うつ病のために私の質問に答えるものおっくうな様子でした。
うつ病克服のためにハリ治療と併せて、歩いてもらうようにお願いしましたが、最初は気分がのらず、少し歩くのもしんどいとのことでした。
歩くこと以外の他のどんなこともしんどい様子でした。

しかし、ハリ治療の回が重なるごとに少しずつ「今日は部屋の片付けをしました」等少しずつうつ病克服へ前進されていることが伺えました。
表情も明るくなっていかれました。
そして「契約や派遣でなく正社員をめざしている」等、前向きの言葉もみられるようになってきました。
かつて契約社員をされていたJさんはいろいろ悔しい思いをされたようです。

1日40分くらいは歩けるようになり、12時前後には眠れるようになってきました。今までうつ病のために寝つきが悪い、夜中に何回も目が覚めるなどの睡眠障害にも陥っておられたのです。
 
言葉や動作から、体や心の調子も良くなってきたことがうかがえるようになってきたこの頃から、最初はアルバイトでしたが仕事につかれ、「もう少しすると正社員の席が空くので正社員になれそうです。」と明るくおっしゃいました。

しばらくして希望通り正社員になられ、うつ病と決別されたので鍼灸治療を終えました。