うつ病

うつ病の鍼灸(はり・きゅう)治療

当鍼灸院のうつ病の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。

当鍼灸院では、うつ病の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体調も良くしていきます。

うつ病でつらい思いをされていませんか。

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

・うつ病と診断されて抗うつ剤を飲み始めたものの全く良くならない。
・きちんとうつ病の薬を飲んでいるのに、うつ病の症状が慢性化していっているように思える。
・だんだんうつ病の薬が効かなくなってきた。
・違った症状が出てきたのでうつ病の薬が増えてきた。・・・うつ病の深みにはまっていく感じがする。
・うつ病の薬をやめたくて医者に相談したがやめさせてもらえない。反対にうつ病の薬を増やされそうになった。
・うつ病の薬の副作用に苦しんでいる。
・うつ病の薬をやめたら離脱症状がひどくて、こんなこわい薬を飲んでいたのかと思うとこわくて、こわくて・・・
・うつ病で会社を休んでいるんだけど、職場復帰に自信がない。
・うつ病で仕事もできない自分が悔しいやら、情けないやら・・・

うつ病の方でこのようにおっしゃって来院される方が多いのですが、当院の鍼灸治療を受けられてうつ病は良くなっていかれていますから安心してください。

うつ病は全身の不調和の現われです。
うつ病の表面的な症状をとっても、うつ病の原因をよくする治療をしないと、うつ病は、よくなりません。

うつ病の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。
自然治癒力が発揮できればしめたものです。
あなたの体の各組織がうつ病を治すように働き始めます。

これが、本当の意味でのうつ病を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

うつ病の症状

心療内科を受診されて「うつ病」と診断される方も増えています。

うつ病は誰でもかかる心の風邪のようなものと言われるほどポピュラーな病気です。

しかし、うつ病は風邪とは比べもにならないほどしんどい病気です。

・何にもやる気が起こらない。
・理由もないのに不安!!
・イライラする!!
・考えがまとまらない。
・先のことを考えると、気分が塞いで・・・気が晴れない。
・何を見ても聞いても興味がわかない・・・
などの症状をうつ病の方は訴えられます。

上記のような症状以外に「仮面うつ病」と言って、本当はうつ病なのに、本人が自覚しないで、内科や婦人科を訪れて、うつ病以外の様々な症状を訴える場合もあります。

「また、頭痛、腹痛、長引く風邪、胸の圧迫感、肩こり、呼吸困難、味覚の異常、便秘などと言った仮面の裏に「うつ病」が隠れている場合があります。

うつ病の鍼灸(はり・きゅう)治療

うつ病には現代医学では「抗うつ薬」が使われます。

当鍼灸院では、人体は心身のバランスがとれている一個の生体と考えます。

現代医学で考えるうつ病のように、精神症状がより顕著であるとか、逆に、身体症状がより顕著であるとかに惑わされることなくうつ病の原因に基づいてはり・きゅう治療します。

漢方ではうつ病は「気」の流れが悪く、渋滞している状態と見ます。
うつ病に方は「肝」の「気」をめぐらせる働きが弱り、「気」が、滞って「うつ病」になったりします。
うつ病の鍼灸治療では、「気」の流れを良くする鍼灸治療をします。

精神的ストレスにさらされても「肝」の「気」をめぐらせる働きが弱ります。
この「肝」の「気」をめぐらせる働きを回復させるはり・きゅう治療をすることによって、ストレスの緩和を図ります。

当院のはり・きゅう治療を受けられたうつ病の方はゆったりした気分になられるのを実感されます。

また、うつ病特有のやる気が出ない、しんどくてたまらないないといった方も、全身のバランスを整え、体の中から、うつ病を良くしていきますので、だんだんやる気が出てき、職場復帰なさっていかれます。

うつ病のセルフケア

気力の低下はうつ病の特徴ですが、うつ病の人は、休もうと思っても実際にはゆったり休むことができない精神状態ーイライラや焦燥感ーにあります。

ゆえに、うつ病の方は有酸素運動(普通に呼吸しなが、持続的に行なう軽い運動ーウォーキング、水泳、自転車などをされるほうがセロトニン(脳内ホルモンの一種)やベターエンドルフィン(脳内麻薬用物質)の分泌が促進されるので、うつ病の治療効果が上がるのを実感します。

Yさん 会社員(30代女)大阪府八尾市

Yさんがはじめて、うつ病で当院に鍼灸治療に来られたときは、うつ病で見るからにしんどそうにされていました。

うつ病で心療内科を受診され抗うつ剤も飲んでいらっしゃるとのことでした。

うつ病の症状として、冷え症、便秘、不安感、イライラ、浅い眠り、動悸、吐き気、腹痛、胃炎、胃下垂、のどのつまり感などの症状を訴えられました。
悲観的な考えに傾きがちでうつ病特有の落ち込みもありました。
うつ病にいたった原因を探るために、ゆっくりお話もお聞きしながら、問診し、脈を診ました。

Vさんのうつ病の原因にはいろいろ考えられるものがありました。生活の環境変化に伴うストレスに、精神的ストレスが加わり、「気」の流れが非常に悪くなっておられました。
精神的ストレスによって、イライラや不眠症なども呼び起こし、疲労がとれず、さらにイライラすると言ったうつ病の悪循環に陥っておられまれました。
うつ病の症状をとるために有効なツボにはりをし、気の流れを良くし、イライラを取り除き、ストレス緩和を図りました。

さらに、全身のバランスを整えることによってうつ病の回復を図りました。

Vさんが1週間後、来院されたときは、うつ病が少し改善し、元気になっておられました。
腹痛、イライラ、、動悸、吐き気は改善されていました。

3回目の時には、睡眠もとれるようになっておられ、うつ病の落ち込みもなくなっておられました。

1月後にはずいぶん元気になっておられうつ病の回復の手応えを感じました。
その後少しうつ病の回復に波があったものの、うつ病から順調に回復されました。

2月後には、「心療内科の先生に(うつ病は卒業ですね)と言われました。」とにこにこしながらおっしゃっていました。

約3月でうつ病の鍼灸(はり・きゅう)治療も終了しました。

当院に来られたその他のうつ病の患者様の症例と鍼灸治療

気軽にお問い合わせくださいたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス

たつみ鍼灸院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目4−23

  • 土日祝も診療
  • 予約制
  • 完全個室
  • 駐車場あり

(予約制)ご予約・お問い合わせはお電話ください。 072-964-6617

診療時間
9:00~21:00 診療 診療 休診 診療 診療 診療 診療

水曜日休診

【主なご来院地域】
大阪府(東大阪市・大阪市・八尾市・門真市、四条畷市、大阪狭山市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、藤井寺市、松原市、守口市)、奈良県(生駒市、奈良市)、京都府、兵庫県

ページの先頭へ戻る