顎関節症

顎関節症の治療

当鍼灸院の顎関節症の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。

当鍼灸院では、顎関節症の症状を取るだけでなく、全身の不調和を改善し、体の中から体調も良くしていきます。

顎関節症の治療について・・・

たつみ鍼灸院(東大阪市)の考え方

あなたは顎関節症のどんな症状でお悩みですか? 
次のような症状が出たら、顎関節症の疑いがあります。

・口を大きく開けるとき、あごに痛みを感じる。
・口を開けようとすると、痛みのある側に下あごが引っ張られる。(まっすぐ開かない)
・口を開けようとすると、顎関節や、顎関節の周囲の筋肉が痛む。
・干し肉や、するめ、タコなど硬いものをかみしめるとあごや顔が痛む。
・口を開けると、耳の穴の前あたりが痛む。
・口を開けしめすると、カクンカクンという音がする。
・口を開け閉めすると、ザラザラという擦れた音がする。
・口が開かないだけでなく、肩こりや睡眠障害、めまいなどが起こる。

顎関節症の痛みは、炎症によるものではありません。
炎症による痛みは口を動かさなくても痛みが起こります。
しかし、顎関節症の痛みは口を動かすときにおこります。
口を動かさないときには痛みは起こりません。

顎関節症の原因

①関節円板のずれで顎関節症を発症。

顎関節には関節円板という軟組織があります。
この関節円板は、クッションの働きをするために、コラーゲンでできています。
この関節円板が動くことによって、口の開け閉めが滑らかにできるのです。
この関節が何らかの原因によって、通常の位置からずれると、顎関節症を発症します。

②咀嚼筋がダメージを受けたことによって顎関節症を発症

食事をするときに使う咀嚼筋という筋肉がかみしめなどによってダメージを受けることによって顎関節症を発症します。
咀嚼筋は、首や肩とつながっているので咀嚼筋がダメージを受けると、首こりや肩こりを生じます。

③顎関節が障害されることによって顎関節症を発症

歯のかみ合わせが悪い状態で食事をすることによって、顎関節に強い力が加わります。そのために、顎関節がねじれ、顎関節を動かすと強い痛みが生じるのです。

④顎関節をを長期にわたって患ったために、下顎の骨が変形してしまって顎関節症を発症

顎関節症を発症する要因

顎関節症を発症する要因は1つだけではありません。ストレスなど様々な要因がかさなった結果発症すると言われています。

①顎関節の構造上の要因

・顎が小さい
・顎の骨が左右対称ではない
顎関節のかみ合わせの問題
・上の前歯が下の前歯をほとんど隠すかみ合わせ
・下の奥歯が外側に出っ張る

②顎関節症になりやすい歯のために悪い習慣

・睡眠中の歯ぎしりやくいしばり

③顎関節症になりやすい精神的な要因

・神経の細やかな人、不安状態が続いている人、鬱的傾向にある人は、筋肉の緊張を招きやすいのです。
筋肉の緊張は顎関節の負担を大きくします。
また、精神的な緊張は上下の歯を接触させる癖(TCH)を形成します。

顎関節症の治療

現在大部分の歯科では、マウスピースを入れる治療をします。
ただしマウスピースを使うに当たっては注意してほしいことがあります。
使い方を間違えるとかえって顎関節症の症状を悪化させることがあるのです。
TCHの癖のある患者さんがマウスピースを強くかみしめるとあごの関節の周りのある筋肉が疲労し、関節も押さえつけられたままになります。
その結果、顎関節症は良くなるどころか反対に悪化することにつながります。

顎関節症の鍼灸(はり・きゅう)治療

□顎関節症のために固くなった筋群ー口を開ける筋肉、閉じる筋肉、咀嚼筋などの顎関節の周りの筋肉をほぐしていきます。
顎関節症のために首や肩の筋肉も固く凝り固まっている方が多いので、これらの筋肉も同時にほぐしていきます。
さらに、顎関節症の影響で頭痛やめまいが生じている方にはそれらの鍼灸治療をします。

□顎関節症は精神的ストレスも大きく関与しています。
この精神的ストレスに対しての鍼灸治療もします。
鍼灸治療を受けられた方は、今まで大きく感じていたストレスが小さく感じられるようになったと、おっしゃいます。

□顎関節症で問題になるのはかみしめ行為(TCH)です。
かみしめ行為は患者様が無意識のうちになさっているのでやめられないのが現状です。
このかみしめ行為に関与するツボを使うことによってかみしめ行為をなくす方向に持っていきます。

□鍼灸治療にはリラックス効果もあります。
交感神経の緊張をほぐし、副交感神経の働きを良くします。

□全身のバランスを整え、体の中から顎関節症を良くしていきます。
いろいろな原因が複雑にからみあって、体のゆがみを作り、顎関節症の症状が出てきたのですから体のゆがみを考えて治療することが大事です。

やってみよう!!!顎関節症のためのセルフケア

顎関節症とうまく付き合っていくためのケアのポイントを紹介します。

ポイント1

顎関節症の痛みを減らすセルフケア
・冷湿布 あごを動かさなくても(ズキズキ)という痛みが出るときは、短時間(10分以内)冷やすと痛みが和らぐ時があります
冷やして痛みが和らいだら、ゆっくりと口を開いて顎関節の筋肉をストレッチしましょう。
・温湿布 あごを動かすときだけ痛みを感じるときは温湿布が効果的です。
やけどしない程度の温湿布を患部に当てます。(5分以内)

ポイント2

知らず知らずのうちにしている生活の癖が顎関節症を引きおこします。
下記のような動作をやめられるように気を付けられることが顎関節症の改善につながります。
・ほお杖や猫背
・長電話
・電話の受話器を方と顎の間にはさむ。
・下あごをつきだす
・爪や筆記用具をかむ
・うつ伏せでの読書

ポイント3

顎関節症を長引かせないーそのためにはこまめに休憩を取ることが大事です。
下記のような生活は緊張の連続につながり、かみしめ行為の原因ともなります。
途中で休憩を入れましょう
・緊張する仕事
・車の延長
・精密作業
・同じ姿勢での作業
・パソコンの入力作業

ポイント4

顎関節症の方は食事の際、次のようなことに注意してみましょう
・痛みが強い時は硬い食品は避ける
・痛みが強いうちは痛みが少ない側で咀嚼してもいいが、痛みが薄らいで来たらなるべく両側の奥歯を使うようにする。

ポイント5

睡眠中の歯ぎしりや食いしばりは、顎関節症を引き起こす要因になります。
歯ぎしりや食いしばりは睡眠の質が悪くなると起きやすくなります。
質のいい睡眠は深く熟睡できているかどうかがカギになります。
質のいい睡眠のために
・歩きましょう
・夜遅い食事はしない
・寝る前のスマホやパソコンの画面を見ない
・硬い枕や高い枕は使わない

顎関節症の鍼灸(はり・きゅう)治療と患者様の声

N君  (18才)男性 東大阪市 予備校生

初診時
父親の話
夜の歯ぎしりがすごいんです。本人は気づいていないんですが、まるでカスタネットをたたいた音「カタカタカタ…」と大きな音がずっとしてるんですは。
4年前から顎や首や肩のこりをひどく感じていたようです。
余りにもひど過ぎて、受験勉強に集中できなかったようです。
半年前の受験には力が発揮できず、かわいそうなことをしました。
今年もう1年頑張って希望の大学に入りたいと思っているようですが、予備校に通っていてもやはり顎関節症の痛みや、首や肩のこりに苦しんでいるようなんです。勉強に集中したいから針治療でもなんでも受けたいと言っていますのでよろしくお願いします。

受験は子供たちにとってひどいストレスを生みます。
頻尿に苦しんだ人や、腹痛に苦しんだ人、生理が止まってしまった人などたくさんおられます。
N君の肩や首もこりに凝り固まっていました。
足の冷えもストレスのせいでしょう氷のような冷たさでした。
この冷えが体の血行を悪くするために凝りはさらにひどくなります。
こんな肩や首ではさぞ勉強がつらかっただろうなと察せられました。
そこで、食生活に気を付けていただくようにお願いいたました。
しょうがを飲まれたらいいですよとアドバイスをしました。
来られたのは9月末受験まであと少ししかありません。
1月後、少し楽になったとのことでしたが、日々、顎関節症や、首こり、肩こりを作る受験戦争の真っただ中におられます。
3月後、足に温かさみられるようになってきました。
N君は受験勉強に頑張っているようです。
5月後 
目標の大学に合格!!Nくんの晴れやかな顔がみられました。

使ったツボ
足三里、衝陽、太衝、心兪、曲池、合谷、陽陵泉、臨泣など

Iさん (30代)女性 八尾市 主婦

初診時
顎が痛くて、口を開けることができないのです。
頭痛もあります。
この頭痛は20代の時からしょっちゅうしています。
頭痛のために痛みどめをよく飲むのですが、そうすると今度は胃が痛くなるのです。顎は両方痛いのですが、左のほうがずっと痛くて、口を開けると痛いものですから、食べるのも苦労するのです。
Iさんは、あごの痛みに加えて、胃や頭の痛みにも苦しんでおられるご様子でした。2人のお子様はまだ小さいので、ご自分のことをかまう暇もないほどでしたが、あまりのつらさの当院にやってこられました。
もちろん、首や肩の凝りもすごいものがありました。

針治療開始後
3週間後
顎が少しずつ開けられるようになってきました。
しかし、あくびをしたら「痛!!」となります。
頭痛がしない日も1週間の中で3日ぐらい出てきました。
薬ももちろん飲まなくてもいけるので、胃の痛みを感じる日も減りました。

1月半後
あごの痛みは普段の生活の中では感じなくなったので楽に過ごせるようになってきました。
大きな口を開けた時だけ、ガンと痛みを感じます。
しかし、痛みはその時だけで、「あっ痛!!」で、終わっています。
頭痛や胃の痛みも時に感じるときはあるものの以前から考えると嘘のように減りました。

2月後
顎関節症の痛みは全くなくなりました。

使ったツボ
申脈、後けい、足三里、衝陽、曲池、合谷、中かん、太衝、陽陵泉、風池、風府など

気軽にお問い合わせくださいたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス

たつみ鍼灸院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目4−23

  • 土日祝も診療
  • 予約制
  • 完全個室
  • 駐車場あり

(予約制)ご予約・お問い合わせはお電話ください。 072-964-6617

診療時間
9:00~21:00 診療 診療 休診 診療 診療 診療 診療

水曜日休診

【料金】
4,000円
【主なご来院地域】
大阪府(東大阪市・大阪市・八尾市・門真市、四条畷市、大阪狭山市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、藤井寺市、松原市、守口市)、奈良県(生駒市、奈良市)、京都府、兵庫県

ページの先頭へ戻る