股関節の痛み(変形性股関節症)

股関節の痛み(変形性股関節症)の鍼灸(はり・きゅう)治療

当鍼灸院の股関節の痛み(変形性股関節症)の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。

当鍼灸院では、股関節の痛み(変形性股関節症)の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体の中から体調も良くしていきます。

股関節の痛み(変形性股関節症)の治療について

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

股関節の痛み(変形性股関節症)で悩んでおられませんか?

・少し歩くと股関節が痛くなって歩けない。休み休みやっと歩いている。
・股関節の軟骨がすり減っているらしく、手術を勧められた。
・股関節の痛みの為に仕事をするのもつらい。
・股関節が痛いので、歩くのが億劫になってしまって、外出できない。
・股関節の痛みの為、和式トイレが使えない。正坐も無理です。
・台所仕事をしていると股関節が痛くなってくる。
・股関節が痛いので、階段の上り下りは手すりを持って一段ずつしか上り下りができない。
・夜、寝ていると股関節が痛くて目が覚めてしまう。
・股関節の痛みの為、靴下をはくにも苦労する。

股関節は上半身と下半身をつなぐ一大ジョイントです。
人の動きは、このジョイント部分がなめらかに動くかどうかにかかっています。
股関節がなめらかに動くかどうかは、人生の先行きを大きく左右します。

最初は時々股関節に違和感を覚える程度だったのが…
年月を重ねるごとにひどくなってきて、日常生活のちょっとしたことも苦痛を感じるようになります。

病院では、股関節を治すには最終的には手術しかないと言われてショックを受けられます。

股関節の痛み(変形性股関節症)は全身の不調和の現れ…

股関節の痛みの原因を単純に骨や軟骨の変形に求めるのでは、股関節の痛みは解消しません。
もっと広い視野から股関節の痛みの原因をみていく必要があります。

股関節をはじめ、体の各関節には関節包という骨膜が進化した袋状の組織があります。
この中に炎症が生じた時、関節包からの関連痛として股関節の痛みが生じます。
また、股関節周囲の筋肉に炎症がみられると、股関節に痛みが生じます。

なぜ、炎症が生じるのか…

単に使い過ぎというだけでなく、内臓の疲れや弱り、冷えなどといった原因も関与して炎症が生じます。
「痛み止めを飲んでも効かない」という声を耳にします。
痛み止めは、痛みを感じなくさせる薬であって治す薬ではないのです。

股関節の痛み(変形性股関節症)の鍼灸(はり・きゅう)治療

股関節の痛み(炎症をできるだけ早く治すこと)

股関節周囲の筋肉が正常化することを最優先にします。股関節の痛みからの解放です。

股関節内の環境を良くする(体の各組織の正常に働くようにする)

自然治癒力が働きやすい体の状態を作ることが股関節周りの筋肉、股関節の関節包の内部環境を良くしていきます。

これらを目標とした鍼灸治療によって股関節の可動域が広がり、日常生活を支障なく過ごすことができるようになります。

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の股関節の痛み(変形性股関節症)の鍼灸(はり・きゅう)治療の3本の柱

1.股関節の痛み(変形性股関節症)に有効なツボをとることによって、股関節の痛み(変形性股関節症)の解消を図る鍼灸(はり・きゅう)治療

2.股関節の痛み(変形性股関節症)の真の原因に対しての鍼灸(はり・きゅう)治療

股関節の痛み(変形性股関節症)の真の原因・・・内臓の疲れや弱り、冷え、体の疲労などにアプローチすることによって、1で行なう股関節の痛み(変形性股関節症)の鍼灸治療をより効果あるものにします。

3.全身のバランスを整え、体の中から 股関節の痛み(変形性股関節症)を良くしていく鍼灸(はり・きゅう)治療

全身のバランスを整えることによって、1、2の股関節の痛み(変形性股関節症)の鍼灸治療の効果がさらに確かなものになります。

股関節の痛み(変形性股関節症)にならない方法

股関節を動かさなくなったことが股関節の痛み(変形性股関節症)を招いています。

・長時間立ちっぱなし、あるいは坐りっぱなしなどの同じ姿勢を続ける習慣が股関節の痛み(変形性股関節症)を招きます。
・しゃがんだり、かがんだりする機会が少なくことが股関節の痛み(変形性股関節症)を招きます。
・毎日の生活の中で歩かなくなったことが股関節の痛み(変形性股関節症)を招きます。

普段の生活の中で股関節を動かすことを心がけて下さい。

かしこい食生活が股関節の痛み(変形性股関節症)を防ぎます。
暴飲暴食、冷たい物の飲み食いも、又、股関節の痛み(変形性股関節症)につながります。

あなたの生命には病気を治そうとする力が備わっています。
ただ、この力が発揮できていないだけなのです。

股関節の痛み(変形性股関節症)の原因から治療し、心も体も健康になれば、あなたの生命の中にある「自然治癒力」が十分働くようになります。
この「自然治癒力」を引き出すのは当院の鍼灸です。

自然治癒力が働くようになれば、しめたもの。
あなたの体の各組織が股関節の痛み(変形性股関節症)を治すように治すようにと働きかけます。

治すのは自分自身であり、治すと決めるのは自分自身…。

股関節の痛み(変形性股関節症)の鍼灸治療の症例

Aさん パート(50代)女性 大阪府東大阪市

10年前から腰痛が時々出るようになり、2年前からは坐骨神経痛に悩まされています。

腰痛、五十肩、偏頭痛、吐き気、むくみがあり、足も重だる痛くなります。
股関節の痛みを感じたのは3~4ヶ月前からです。

歩く時、股関節の痛みを感じるようになり、なんとかしなければと思っていたところ、2週間前、股関節の奥がビキッと痛みが走ったので、これはやばいなと思ってあわてて来ました。

以前、他の鍼灸院にお世話になっていたのですが、たくさん痛いところがあり過ぎてなかなか良くならなかったのでこちらに来ました。

【鍼灸治療経過】
◇1ヶ月後◇
股関節の痛みは感じることが少なくなられたものの、何かのひょうしに痛みを感じることがおありでした。
腰痛、膝痛、五十肩等も改善されていかれました。

◇2ヶ月後◇
股関節の痛みはほとんど感じることがなくなられました。
腰痛、膝痛、五十肩、偏頭痛等も大幅に改善されました。

◇3ヶ月後◇
股関節などの痛みは忘れていることが多く、たまに少し出てくることがあるものの、以前と比べ生活がしやすくなりました。

その後、体調整えに、しばらくの間通院され治療を終了されました。

【使ったツボ】
三里・委中・環跳・臨泣・曲池・合谷・照海 etc

Bさん 主婦(40代)女性 大阪府八尾市

◇初診時◇
体全体が痛くって日常生活がスムーズにできないのです。
右四十肩は6年前から3回しています。
今も痛みがひどくってうずいて夜も寝られない状態です。
左四十肩も3年前から痛みを感じています。
腰痛もありますが、左の股関節が痛くて歩けないのです。

スーパーへ買い物に行っても少し買い物をすると股関節が痛くって立っていられないのです。

あれも買わなければと思うのですが、買うのをあきらめてレジに並 びます。
レジに並んでいる時も「早く早く」と心の中で祈っています。
歩く時も股関節が痛いのでチョコチョコとしか歩けないのです。
つらくって…

◇一ヶ月後◇
股関節の痛みが少しましになり、買い物ができるようになりました。
友達に「普通に歩けるようになってるね」と言われてうれしかったです。

何よりうれしいのは子供と一緒に買い物ができることです。
子供にはずいぶんさみしい思いをさせてきたので本当にうれしいです。

【この後、Bさんは順調に良くなられ、股関節の痛みだけでなく、四十肩、腰痛、手指の痛み等も克服され、仕事にもつかれました。】

【使ったツボ】
三里・曲池・合谷・環跳・委中・臨泣 etc

Cさん 内装業(30代)男性 奈良県生駒市

◇初診時◇
妻の紹介で来ました。腰痛もあるんですが、右の股関節が痛くって仕事をするのもつらいんです。

内装の仕事ですからしゃがまないとだめなんですが、股関節が痛いのでしゃがめないのです。

右足を伸ばしてなんとか仕事をしているのですが、このままいったら仕事ができないくなるんじゃないかと思うと…。もう少ししたら子供ができるし何とかしてほしいです。

◇2回目◇
股関節の痛みは少し楽になりました。良くなりそうで希望が持てました。

◇4回目◇
もう完全にいいですね。股関節は全く痛くないので、仕事が楽にできるようになりました。腰も痛くないです。

【Cさんは若いだけあって良くなられるもの早かったです。4回で治療完了しました。】

【使ったツボ】
三里・衝陽・委中・環跳・臨泣 etc

Dさん 会社員(50代)女性 大阪府東大阪市

◇初診時◇
元々股関節のくぼみが浅いので右股関節を脱臼したため手術したことがあります。
それなのに5か月前に無理な体操をしてしまったので股関節に痛みが出てきました。

足があがりにくく、長く歩くと痛みがひどくなるんで歩けないのです。
もちろん整形に行き、電気治療をしてもらいましたが、一向に良くなりません。

友達にここを紹介してもらったので、来ました。
左ひざも4~5日前から痛くなり、肩こりもひどいので診てもらえますか。

◇1か月後◇
股関節の痛みも膝痛も少しやわらいできました。

◇2ヶ月後◇
股関節の痛みはたまに感じるだけになりました。

【この後1週間に1回の治療間隔を2週間に1回、3週間に1回とあけていきましたが、股関節、膝共に順調に 回復されていきました。長時間歩いても股関節や膝の痛みを感じなくなり、普段の生活の中でも股関節や膝のことを意識されることがなくなったので、治療を完 了いたしました。】

【使ったツボ】
三里・衝陽・委中・環跳・臨泣・太衡 etc

気軽にお問い合わせくださいたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス

たつみ鍼灸院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目4−23

  • 土日祝も診療
  • 予約制
  • 完全個室
  • 駐車場あり

(予約制)ご予約・お問い合わせはお電話ください。 072-964-6617

診療時間
9:00~21:00 診療 診療 休診 診療 診療 診療 診療

水曜日休診

【主なご来院地域】
大阪府(東大阪市・大阪市・八尾市・門真市、四条畷市、大阪狭山市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、藤井寺市、松原市、守口市)、奈良県(生駒市、奈良市)、京都府、兵庫県

ページの先頭へ戻る