顔面神経マヒ

顔面神経麻痺(ベル麻痺)の鍼灸(はり・きゅう)治療

たつみ鍼灸院(東大阪市)の顔面神経麻痺の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。

顔面神経麻痺だからといって、顔面にはりをするだけでなく、顔面神経麻痺を起こす根本的なところから鍼灸(はり・きゅう)治療をします。

原因治療することによって、全身の不調和を改善し、体の中から体調を良くし、顔面神経麻痺の症状をとっていきます。

顔面神経麻痺(ベルマヒ)の症状

・顔面神経麻痺によって、麻痺した片方が、健康な方に引っ張られるので、顔がゆがみます。

・顔面神経麻痺によって、まぶたが閉じにくく、寝ているときも麻痺した側の目は開いています。 そのためにドライアイの症状を呈します。

・顔面神経麻痺によって、口が閉じられないので、しゃべりにくく、食べ物や、飲み物が口からこぼれ落ちます。

顔面神経麻痺の原因

中枢性顔面神経麻痺

脳梗塞や脳溢血などによる場合で、半身不随などの後遺症を伴っています。

末梢性顔面神経麻痺(ベルマヒ)

顔の筋肉を動かす顔面神経が麻痺したために起こります。
ストレスや寒冷刺激などにより、顔面部の血液循環がスムースに行なわれなくなった結果、顔面神経麻痺が起こると考えられています

帯状疱疹(ヘルペス)の感染による顔面神経麻痺(ハント症候群)

顔面神経とは

人が泣いたり、起こったり、笑ったりなどの表情が作れるのは、表情筋の働きによります。
もちろん、口を動かしたり、まぶたや、頬を動かすのも、表情筋の働きです。

そして、この表情筋を支配しているのが顔面神経です。

顔面神経が何らかの原因によって麻痺すれば、表情筋が動かなくなります。
これが顔面神経麻痺です。

顔面神経麻痺(ベルマヒ)の治療

顔面神経麻痺の治療は、早ければ早いほど、早い回復につながります。

顔面神経麻痺は、発症から日数が立てば立つほど症状が固定してしまい、顔面神経麻痺が治癒にむかうのに日数を要します。

顔面神経麻痺発症後、病院でビタミン剤の投与や顔面マッサージを受けておられる内に、無駄な日々を過ごしてしまって、たつみ鍼灸院(東大阪市)に来られたときはずいぶん日数がたっているというケースもあり、「もっと早く来られていたら・・・治療日数が少なくてすんだのに」と残念に思うこともしばしばです。

たつみ鍼灸院(東大阪市)の顔面神経麻痺(ベルマヒ)回復のための鍼灸(はり・きゅう)治療の3本の柱

1.顔面神経の麻痺(ベルマヒ)を取り除く鍼灸(はり・きゅう)治療

顔面部のツボ(地倉、頬車、人中など)にはりをすると伴に、顔面神経と密接な関係にある手足のツボ(合谷、三里など)にはりをし、 顔面神経の回復や血行の促進を図ります。

2.顔面神経麻痺(ベルマヒ)の真の原因に対しての鍼灸(はり・きゅう)治療

顔面神経麻痺のの真の原因としては、 風邪、胃腸の不調、冷え、睡眠不足、ストレスなどが考えられます。

顔面神経マヒの真の原因にアプローチすることによって、1で行なう顔面神経麻痺の鍼灸治療がより効果あるものにしていきます。

3.全身のバランスを整え、体の中から全体を良くしていく顔面神経麻痺の鍼灸治療

顔面神経麻痺は顔面部のみの疾患ではありません。

体全体のバランスを整えることによって、自然治癒力が十分発揮できる健康な体になります。

自然治癒力が十分働けば、「1」「2」の顔面神経麻痺の鍼灸治療がさらに効果的になり、治癒への日数も短くなります。

また、免疫力もアップします。

1,2,3 の治療効果によって、顔面神経麻痺(ベルマヒ)の症状がとれていきます。

顔面神経麻痺(ベルマヒ)以外の顔面に起きる病気

・三叉神経痛(顔面神経痛)
・顔面けいれん
・顎関節症

顔面神経麻痺の鍼灸治療の症例

Oさん 会社員 (50代男性) 大阪府東大阪市

紹介で来院されたOさんは、右顔面神経麻痺のために、左右の印象が大きく違っていました。

顔面神経麻痺を、1週間前に発症され、すぐに病院に行かれたものの、ビタミン剤を処方され、自然に治るのを待ちましょうとのこと。

治るのを待つと言っても、どのくらいで治るのか、否本当に治るのか、確かな答えをもらえないままでした。

日常生活では、お茶を飲めば、顔面神経麻痺のために口からだらだらお茶がとこぼれます。

目を閉じることができないので、常に目薬を注されますが、目が乾いていたくて仕方ありません。 もちろんしゃべるのも不便です。

通勤の電車内では、人の目が気になって仕方ありません。

顔面神経麻痺のために受ける苦痛は想像以上のものだったようです。

発症から1週間という大変早い時期の来られたので、早く鍼灸治療を開始することができたのは、Oさんにとってはラッキーでした。

3回の鍼灸治療で、顔はちょっと見ではわからないほどになっておられました。

まぶたも閉じられるので、目薬が不要になっていました。

4回の鍼灸治療で、ほとんど違和感がなく、5回の鍼灸治療では、完全に顔面神経麻痺の症状が消えました。

当院に来られたその他の顔面神経マヒの患者様の症例と鍼灸治療

気軽にお問い合わせくださいたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス

たつみ鍼灸院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目4−23

  • 土日祝も診療
  • 予約制
  • 完全個室
  • 駐車場あり

(予約制)ご予約・お問い合わせはお電話ください。 072-964-6617

診療時間
9:00~21:00 診療 診療 休診 診療 診療 診療 診療

水曜日休診

【主なご来院地域】
大阪府(東大阪市・大阪市・八尾市・門真市、四条畷市、大阪狭山市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、藤井寺市、松原市、守口市)、奈良県(生駒市、奈良市)、京都府、兵庫県

ページの先頭へ戻る