膝痛(変形性膝関節症)

膝痛(変形性膝関節症)の鍼灸(はり・きゅう)

当鍼灸院の膝痛(膝の痛み)の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。

膝痛(膝の痛み)だからと言って膝にはり・きゅうをするのではありません。

当鍼灸院では、原因からの治療で膝痛(膝の痛み)症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体の中から体調も良くしていきます。

膝痛(変形性膝関節症)の治療について・・・

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

膝痛でつらい思いをされていませんか ?

・痛み止めを飲んでも、翌日には膝の痛みがもどっている。
・痛み止めを飲まなかったら、膝が痛くて歩けない。
・痛み止めがだんだん効かなくなってきて、膝の痛みがひどくなってきた。
・膝に水がたまってきたので、水を抜いてもらったがまたたまってきた。
・長い間、膝痛で病院に通っていたがよくならず、手術を言われた。

膝痛の方でこのようにおっしゃって来院される方が多いのですが、当院の鍼灸治療を受けられて膝痛が良くなっていかれていますので、安心してください。

膝痛は全身の不調和の現われなのです。
膝痛の原因から治療し、心も体も健康になれば体が本来持っている自然治癒力がよみがえります。

自然治癒力がよみがえればしめたものです。
あなたの体の各組織が膝痛を良くするように働き始めます。

これが本当の意味での膝痛を治すことだと当鍼灸院では考えています。

膝痛(変形性膝関節症)の症状

膝痛(膝の痛み)の初期は朝起きるときや歩き出すときに膝に違和感や軽い痛み、こわばりを感じます。

膝痛(膝の痛み)が進行するに伴い、動作の度にはっきりした痛みを感じるようになります。
また、膝の拘縮により、正座ができなくなります。

次には、膝に水がたまり、腫れてきて、動かすときにごりごりと摩擦音が聞こえるようになります。

さらに膝痛(膝の痛み)が進行すると、ちょっとした動作でも激しい痛みが伴うために、外出もできなくなります。

膝痛(変形性膝関節症)の原因

膝痛(膝の痛み)を訴えられる患者さんの中には「膝に水がたまる」と訴えられる患者さんが多くいらっしゃいます。

どうして膝に水がたまるのでしょうか?

骨と骨は「関節包」という袋で包まれています。
この中に「滑液」という液体が入っていて、軟骨が擦れ合う際の潤滑油のはたらきをします。

関節包では 常に、新しい液体が作り出され、古い液体は吸収され、排出されて、いつも一定量に保たれるようになっているのですが、このはたらきが悪くなると、「膝に水がたまった」状態-膝痛(膝の痛み)になるのです。

膝痛(変形性膝関節症)の鍼灸(はり・きゅう)治療

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の膝痛の鍼灸(はり・きゅう)治療の3本の柱

1.膝痛の箇所の血行をよくし、痛みを和らげ、膝にたまった水が吸収するようにする鍼灸(はり・きゅう)治療

2.膝痛の真の原因に対しての鍼灸(はり・きゅう)治療

膝痛の真の原因・・・生活習慣や体力の衰えを、考えた鍼灸治療をすることによって、1で行なう膝痛の鍼灸治療がより効果あるものにしていきます。

3.全身のバランスを整え、体の中から膝痛を良くしていく鍼灸(はり・きゅう)治療

膝痛は、膝だけが悪いのではありません。

全身のバランスを整えることによって、1、2の膝痛の鍼灸治療がさらに効果的になります。

膝痛の鍼灸治療の症例

Kさん 会社員(50代男性)大阪府東大阪市

腰痛と膝痛の治療で当鍼灸院にこられました。
数年前に右膝痛のために手術なさっています。今回は反対の左に膝痛が出てきました。

腰痛がひどくて、10分の距離でさえ、何回も立ち止まって、腰を伸ばしたり、いろいろされてやっと歩かれるそうです。

Kさんに限らず、腰と膝は深い関係にあります。
まず、 腰のはり・きゅう治療をしてから、膝痛の治療にはいりました。Kさんの膝痛の原因は、Kさんの生活背景を抜きにしては考えられません。

Kさんは、この年代の方に共通の、日本の経済を支えてこられた方です。
仕事が何より好きで、休日も会社へよく出られます。

もちろん、帰宅は遅く、食事は規則正しいとはお世辞にも言えません。
仕事のストレスに加え、胃腸へのストレスも相当なものがあるように伺えました。

これらのことを考えたはり・きゅう治療を数回重ねるに従い、膝痛も改善され、いまではテニスを楽しまれるまでに回復されています。

Lさん 主婦(70代女性)大阪府八尾市

「歩けなくなったら・・・」膝痛を感じられたとき、真っ先にLさんは、このことを心配されました。
自転車に乗られないLさんにとって、膝痛で歩けなくなることは恐怖以外の何者でもありませんでした。

今まで買い物に行かれていた店に行くにも、膝痛のために、何回も立ち止まらないと歩けません。
相当な不安を感じられての当鍼灸院への来院でした。

すぐに来られたのがよかったのでしょう。
Lさんの膝痛の原因を考えたとき、1番は、水分代謝の悪さでした。

胃腸へのストレスがありました。胃腸の働きを回復し、体の中に蓄積している余分な水分をスムーズに循環させるように、はり・きゅう治療をしました。

数回のはり・きゅう治療で膝痛はとれ、「歩けなくなったら」という不安もなくなり今ではボランティア活動にがんばっておられます。

気軽にお問い合わせくださいたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス

たつみ鍼灸院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目4−23

  • 土日祝も診療
  • 予約制
  • 完全個室
  • 駐車場あり

(予約制)ご予約・お問い合わせはお電話ください。 072-964-6617

診療時間
9:00~21:00 診療 診療 休診 診療 診療 診療 診療

水曜日休診

【主なご来院地域】
大阪府(東大阪市・大阪市・八尾市・門真市、四条畷市、大阪狭山市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、藤井寺市、松原市、守口市)、奈良県(生駒市、奈良市)、京都府、兵庫県

ページの先頭へ戻る