首こり、頚椎症

首こり、首の痛み(頚椎症・頚椎ヘルニア・むちうち)の鍼灸(はり・きゅう)治療

当鍼灸院の首の痛み(頚椎症)の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な
中国伝承の鍼灸治療です。

当鍼灸院ではを首の痛み(頚椎症)などの症状をとるだけでなく、首の痛み(頚椎症)に伴った症状ー頭痛・めまい・吐き気、腕の痛みやしびれも改善します。

さらに全身の不調和を改善し、体の中から体調を良くしていきます。

首こり・首の痛み(頚椎症・頚椎ヘルニア・むちうち)の治療について・・・

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

首こり・首の痛み(頚椎症・頚椎ヘルニア・むちうち)ってつらいですね

・首の痛み(頸椎症)のために肩こりや首こりがひどくって・・・
・頚椎が悪くって(頸椎症・頚椎ヘルニア)で肩や腕に痛みやしびれが出て来るのです。
・首を曲げると頚椎症のために腕にしびれが起こるのです。
・首の骨がまっすぐのために常に首こりや首の痛みに苦しんでいるのです。

首の痛み(頚椎症・頚椎ヘルニア・むちうち)で苦しんでおられる方が、このようにおっしゃって来院されるのですが、当院の鍼灸治療を受けられて良くなっていかれていますので、安心してください。

首こりや首の痛み(頚椎症・頚椎ヘルニア)は全身の不調和の現われです。

首こりや首の痛み(頚椎症・頚椎ヘルニア)の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。

自然治癒力が働けばしめたものです。
あなたの体の各組織が首こりや首の痛み(頚椎症・頚椎ヘルニア)を治すように働き始めます。

これが、本当の意味での首こりや首の痛み(頸椎症頚椎ヘルニア))を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

首こり・首の痛み(頚椎症・頚椎ヘルニア)の原因

重い頭を常に支えている首ですから、首の不調ー首こり、首の痛みを訴える方は多くいらっしゃいます。

首こりに始まって、首の痛み、寝違え、頚椎ヘルニアなどの頚椎の異常、むち打ち・・・・・

頚椎の変成は20才を過ぎた頃より少しずつ始まっています。
頚椎に変成があっても多くの人は何らの症状を訴えません。

しかし、個人差があって、頚椎の変性が高度に進む人、変成に周囲の組織が適応できない人がいます。

これらの人が首の痛みや腕の痛み、しびれを訴えます。

首こり・首の痛み(頚椎症・頚椎ヘルニア)鍼灸(はり・きゅう)治療

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の首の痛み(頸椎症)の首の痛み(頚椎症)の鍼灸(はり・きゅう)治療の3本の柱

1.首の血行をよくし、首の痛み(頚椎症)やこりを取り去る鍼灸(はり・きゅう)治療

2.首の痛み(頚椎症)の真の原因に対しての鍼灸(はり・きゅう)治療

なぜ首の血行が悪くなり、頚椎の変成がひどくなったのかを考えた鍼灸治療です。

睡眠不足、目の疲れ、ストレスなどが浮かび上がってきます。

首の痛み(頚椎症)の真の原因にアプローチすることによって1で行なう首の痛み(頚椎症)の鍼灸治療がより効果あるものにしていきます。

3.全身のバランスを整え、体の中から首の痛み(頚椎症)を良くしていく鍼灸(はり・きゅう)治療

首の痛み(頚椎症)は頚部のみの疾患ではありません。

全身のバランスを整えることによって、1、2の首の痛み(頚椎症)の鍼灸治療がさらに効果的になります。

首こりの鍼灸治療の症例

Dさん 会社員(30代)女性 大阪市

10年間首こりに悩み、長時間坐っていることが苦痛以外の何者ではなかったDさん。

腰を痛められたことをきっかけで当鍼灸院に来られました。

頸椎ヘルニアなど首に障害のお持ちの方は、ずっと同じ姿勢を保つ旅行はつらいと仰います。
Dさんも例外でなく、ずーと海外旅行をあきらめておられました。

Dさんの首こりの原因は、脈診や問診から慢性的な睡眠不足が関係しているように伺えました。
また、寝付きが悪いなど、ストレスも深く関係していることが考えられます。

そこで、これらの解消を考えたはり・きゅう治療をしました。
さらに、首に深い関係があるコンロン(足首にあります)というツボに、強い反応が出ていましたので、このツボにもはりをしました。

はりの響きがあり、首を見ていただきますと、「首こりはずいぶん楽になっている」とのことでした。

次回鍼灸治療に来られたときは、「アメリカに行ってきました。はり・きゅう治療を受けて行ったから楽に旅行できて良かったわ」とおっしゃていました。

頚椎症ー頚椎後縦靱帯骨化症の鍼灸治療の症例

Fさん 主婦(50代)女性 兵庫県

聞いたこともない病名―頚椎後縦靱帯骨化症を、言われたときはパニックになり、落ち込まれたFさん。

当鍼灸院に来られたときは、頚椎靱帯骨化症のために、左手、腕、肩胛骨あたりのしびれや痛みのために、つらい思いをされていました。
寝ていても、腕がしびれてき、布団で横になって寝ることもできない状態でした。

そのために、座って寝ておられました。
座って寝ていても、腕がしびれてきたら、起きて、腕のマッサージをしないと寝ておれない状態でした。

首がつらくて、パーマ屋さんで、洗髪もしてもらえなかったのです。
後ろを振り向くときも体とも、方向を変える必要がありました。

Fさんの頚椎後縦靱帯骨化症の原因として考えられたことは、ストレスであり、また、首辺りの血行の悪さでした。

従って、鍼灸治療は、首の血行をよくすることと、ストレスを解消することでした。

鍼灸治療3回目の時には、何回か起きていすに座って手のしびれを和らげる必要があるものの、「布団で横になって寝られるようになった」と仰いました。

鍼灸治療を重ねる度に少しずつ、よくなられ、今では、手のしびれ感もとれ、不安感もなくなり、ふつうの生活をなさっておいでです。

気軽にお問い合わせくださいたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス

たつみ鍼灸院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目4−23

  • 土日祝も診療
  • 予約制
  • 完全個室
  • 駐車場あり

(予約制)ご予約・お問い合わせはお電話ください。 072-964-6617

診療時間
9:00~21:00 診療 診療 休診 診療 診療 診療 診療

水曜日休診

【主なご来院地域】
大阪府(東大阪市・大阪市・八尾市・門真市、四条畷市、大阪狭山市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、藤井寺市、松原市、守口市)、奈良県(生駒市、奈良市)、京都府、兵庫県

ページの先頭へ戻る