顔面神経マヒの症例

顔面神経マヒの治りの早さに病院の医師がビックリ! (Eさん 大阪府)

病院でのステロイド剤の点滴治療も受けながら並行してのハリ治療

Eさんは中国から日本の大学に留学されています。
春休みに中国へ帰ろうと思っておられた時に顔面神経マヒになられました。

顔面神経マヒの翌日に当鍼灸院に来られました。
病院でのステロイド剤の点滴治療も受けながら並行してのハリ治療です。
はじめての日本での生活はストレスが多くあったのでしょうか。
なれない日本でその上にアルバイトもされていましたので
その事が原因となって顔面神経マヒを発症されたものと思われます。

春休みには中国に帰ってお父さんやお母さんに会えることを楽しみにされていました。
しかし、顔面神経マヒになってしまわれたので「こんな顔で帰ったらお父さんやお母さんがびっくりするので 早く治して欲しい」という気持ちが切実に伝わってきました。

ハリ治療は初めてとのこと。
中国でも受けたことがないとの話でした。
早く良くなりたいという強い気持ちから大学の授業をこなしながら、きちんと通院されました。

そして1ヶ月後、「病院の先生が顔面神経マヒが余りにも早く良くなったのでびっくりしてはった。思わず「ハリ治療を受けてました」と言ってしまったんです。まずかったかな。 しかしこれで安心して中国へ帰れます」と晴れ晴れとした顔をしておっしゃいました。

気軽にお問い合わせくださいたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス

たつみ鍼灸院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目4−23

  • 土日祝も診療
  • 予約制
  • 完全個室
  • 駐車場あり

(予約制)ご予約・お問い合わせはお電話ください。 072-964-6617

診療時間
9:00~21:00 診療 診療 休診 診療 診療 診療 診療

水曜日休診

【主なご来院地域】
大阪府(東大阪市・大阪市・八尾市・門真市、四条畷市、大阪狭山市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、藤井寺市、松原市、守口市)、奈良県(生駒市、奈良市)、京都府、兵庫県

ページの先頭へ戻る