アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の鍼灸(はり・きゅう)治療

当鍼灸院のアトピー性皮膚炎の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。

当鍼灸院では、アトピー性皮膚炎の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体の中
から体調を良くしていきます。

アトピー性皮膚炎の治療について

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

諸外国の中には、アトピー性皮膚炎は、体質、性格、ストレス、肌の質、生活習慣などの複数の要因が重なっているとの考えのもとに治療にあったっているドクターもいます。

アトピー性皮膚炎は日本では皮膚科の病気と考えられ、ステロイドなどの皮膚薬が処方されています。

そして、アトピーの症状が悪化し、苦しんでいる人が多くいます。

・アトピー性皮膚炎に大人になってからなるなんて思ってもいなかった。
・アトピー性皮膚炎で、かゆくて夜眠れなくてつらい。
・アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える薬が効かなくなってきた。
・ステロイド剤をやめたら、アトピー性皮膚炎が以前よりひどくなった。地獄のような苦しみだ。
・アトピー性皮膚炎で、ステロイドを常用していたら、皮膚が黒く変色した。

アトピー性皮膚炎の方でこのようにおっしゃって来院される方が多いのですが、当院の鍼灸治療を受けられて良くなって行かれていますので安心してください。

アトピー性皮膚炎は全身の不調和の現われなのです。

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑えても (体のバランスの崩れ、内臓の弱りや疲れ、ストレス)などといった、アトピー性皮  膚炎の原因をよくする治療をしないで、ただおさえるだけでは、アトピー性皮膚炎が良くならないのも当然です。

アトピー性皮膚炎の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。

自然治癒力が出てくればしめたものです。

あなたの体の各組織がアトピー性皮膚炎を治すように働きは決めます。

これが、本当の意味でのアトピー性皮膚炎を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎はなかなか根治が難しい病気です。

体内に備わっている免疫機構が、過剰に活性化して、皮膚に炎症を起こす病気ですが、アトピー性皮膚炎のメカニズムは、まだよく分かっていません。

ゆえに副作用が心配されながら、ステロイド剤を使用されているアトピー性皮膚炎の方も多くいらっしゃいます。

アトピー性皮膚炎の症状が強いとき、薬を使って症状を抑えたいほどつらいものがありますが、薬が元々の原因を解決するものではありません。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は、体内に備わっている免疫機構が過剰に喝采して皮膚に炎症を起こす病気です。

アトピー性皮膚炎の発症には、体質、ストレス、肌の質、生活習慣などが複雑に絡み合っています。

環境の悪化が、アトピー性皮膚炎の発症に大きく拍車をかけています。

食生活の変化もアトピー性皮膚炎に大きく関係しています。

生活環境の中で、アデルギーをおこさせたり、敏感な皮膚を刺激するような物質が増えたことによってアトピー性皮膚炎になる方が増えたり、アトピー性皮膚炎が悪化したりしています。

不規則な生活やストレス、過労、睡眠不足などもアトピー性皮膚炎の悪化につながります。

特に、精神的ストレスは免疫力を低下させ、アレルギー反応を誘発しやすくするので、アトピー性皮膚炎を悪化させます。

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)のアトピー性皮膚炎の鍼灸(はり・きゅう)治療の3本の柱

1.アトピー性皮膚炎のかゆみや発赤を沈静化させる鍼灸(はり・きゅう)治療

かゆみや炎症を抑えるツボにはりをすることによってアトピー性皮膚炎の方にとってつらいかゆみや炎症を抑えてきます。

2.アトピー性皮膚炎の真の原因に対しての鍼灸(はり・きゅう)治療

アトピー性皮膚炎の原因である自己免疫異常・・・自律神経の乱れ、一部の血管異常、内分泌障害、精神的ストレス、肉体的ストレスに、アプローチすることによって1で行なうアトピー性皮膚炎の鍼灸治療をより効果的なものにします。

3.全身のバランスを整え、体の中から全体を良くしていく鍼灸(はり・きゅう)治療

全身のバランスを整えることによって、自然治癒力が十分発揮できる健康体になります。

自然治癒力が働けば、「1」「2」のアトピー性皮膚炎の鍼灸治療が効果的になります。

アトピー性皮膚炎の鍼灸治療の症例

Cさん 教師(30代女性) 大阪府東大阪市

「ストレスがきついとアトピーもひどくなって嫌になるわ。」と言ってCさんが当鍼灸院に来られました。

アトピー性皮膚は特に、額の部分が気になる赤黒さです。

仕事柄ストレスは常に感じておられたのですが、最近ストレスを非常に感じることが重なったとのこと。

今まではアトピー性皮膚炎にはステロイド剤を使用されていたのですが、皮膚の状態がどんどん悪くなるので、やはり、ステロイド剤使用については気にされていました。

食事についても、ストレスから過食になられたり、甘いものやフライものを好まれています。

アトピー性皮膚炎が悪化する条件がそろっていました。

Cさんのアトピー性皮膚炎の状態をみ、脈診や、問診をした結果、ストレスを取り除くこと、胃腸にかかっているストレスの改善、皮膚表面の熱を取ることを中心としたはり・きゅう治療をしました。

額の赤はなかなか引きませんでしたが、長時間、置針の結果、赤黒さが少しずつ薄らいできました。

Cさんも「額の辺りがなんかスーとしてきたわ。」とおっしゃいます。

アトピー性皮膚炎の治療は1回や2回で解決するものではありませんので、治療の継続は必要不可欠です。

Cさんもはり・きゅう治療を継続されることになりました。

はり・きゅう治療を続けていくに従い、はじめ顔以外にもお腹、腕、足、首などに見られたアトピー性皮膚炎も少しずつ改善していき、今ではほとんどアトピー性皮膚炎とはわからないほどです。

少しかゆみやかさつきを訴えられますが、はり・きゅう治療で、すぐ収まるようです。

当院に来られたその他のアトピー性皮膚炎の患者様の症例と鍼灸治療

気軽にお問い合わせくださいたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス

たつみ鍼灸院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目4−23

  • 土日祝も診療
  • 予約制
  • 完全個室
  • 駐車場あり

(予約制)ご予約・お問い合わせはお電話ください。 072-964-6617

診療時間
9:00~21:00 診療 診療 休診 診療 診療 診療 診療

水曜日休診

【主なご来院地域】
大阪府(東大阪市・大阪市・八尾市・門真市、四条畷市、大阪狭山市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、藤井寺市、松原市、守口市)、奈良県(生駒市、奈良市)、京都府、兵庫県

ページの先頭へ戻る