花粉症・鼻炎

花粉症・アレルギー性鼻炎の鍼灸(はり・きゅう)治療

花粉症やアレルギー性鼻炎になると、集中力が低下し、イライラしてきます。

これは、鼻からの呼吸がしにくくなって、脳の温度を下げにくいことにもよります。

当鍼灸院の花粉症やアレルギー性鼻炎の治療は、漢方理論に基づいた病気の原因から治す本格的な中国伝承の鍼灸治療です。

当鍼灸院では、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状をとるだけでなく、全身の不調和を改善し、体調も良くしていきます。

花粉症やアレルギー性鼻炎の治療について・・・

たつみ鍼灸院(大阪府東大阪市)の考え方

花粉症やアレルギー性鼻炎で苦しんでおられませんか?

花粉症やアレルギー性鼻炎でお困りの方が多くおられます。

・花粉症やアレルギー性鼻炎の薬を飲むと眠くなる。
・花粉症やアレルギー性鼻炎を飲んでいるけれどあまり効かない。
・花粉症やアレルギー性鼻炎の薬を毎日飲み続けなくてはいけない。
・花粉症やアレルギー性鼻炎のために、鼻粘膜を焼いてもらってしばらくは良くてもまた、再発した。

花粉症や、アレルギー性鼻炎のかたで、このようにおっしゃって来院される方が多いのですが、当院の鍼灸治療を受けられて良くなっていかれいますから安心してください。

花粉症やアレルギー性鼻炎は全身の不調和の現われです。

花粉症やアレルギー性鼻炎の原因から治療し、心も体も健康になれば、自然治癒力が十分発揮できるようになります。
自然治癒力が働けばしめたものです。

あなたの体の各組織が花粉症・アレルギー性鼻炎を治すように働き始めます。
これが、本当の意味での花粉症やアレルギー性鼻炎を治すことになると、当鍼灸院では考えています。

花粉症・アレルギー性鼻炎とは

花粉症は花粉によって鼻の粘膜が炎症を起こすアレルギー性鼻炎の一つです。

花粉症はくしゃみ、鼻水だけでなく、目がかゆくなる、のどがいがいがする、くちびるが腫れる、耳が聞こえにくくなるなどの症状が出ます。

身体にとっての異物の侵入を防ぐ仕組みの1つが免疫です。

花粉症、アレルギー性鼻炎も免疫の働きによります。

正常に免疫のシステムが働いていれば問題がないのですが、身体に悪い影響をもたらすとは思えない花粉などに対しても、過剰に反応してしまうのが花粉症、アレルギー性鼻炎です。

花粉などを体内に入れさせまいとして、くしゃみで花粉などを吹き飛ばします。

次には、鼻水を出して花粉などを洗い流します。
さらに、鼻閉によって花粉などを入れないようにします。これら一連の症状が花粉症やアレルギー性鼻炎です。

花粉症・アレルギー性鼻炎の原因

なぜ、花粉症・アレルギー性鼻炎のようなアレルギー反応が起こるのでしょうか?

アレルギー反応のメカニズムは解明されていませんが、体質とストレスが大きく影響していることが分かっています。

ストレスは身体の免疫機能のバランスを崩し、花粉症、アレルギー性鼻炎の発症につながります。

日本人の食生活の変化もまた、花粉症・アレルギー性鼻炎の発症を増大させているようです。

花粉症・アレルギー性鼻炎の鍼灸(はり・きゅう)治療

花粉症・アレルギー性鼻炎は、風邪によく似た症状を呈しますが、風邪とは違ったはり・きゅう治療になります。

当鍼灸院ではアレルギー疾患としてはり・きゅう治療します。

花粉症やアレルギー性鼻炎の患者さんに、「気」の滞りがあるのか、血行が悪いのか、水分代謝がうまくいかないのか、などによってはり・きゅう治療に使うツボは異なります。

また、冷えや食習慣の乱れ、体力があるのかないのかによって花粉症、アレルギー性鼻炎のはり・きゅうの治療方法を考えなければなりません。

当鍼灸院では花粉症やアレルギー性鼻炎の患者さんのはり・きゅう治療で体質改善を図りながら、花粉症、アレルギー性鼻炎のつらい症状をとっていきますが、下記のことを実行されればさらに効果が高まります。

・ 老廃物を生み出す脂肪、動物食品、白砂糖などをとらない。
・ 香辛料、くだもの、コーヒー、ココア、乳製品などは避ける。
・ 水分を控える。

花粉症の鍼灸治療の症例

Dさん・Eさん

肩こりのはり・きゅう治療に来られている DさんとEさん。

伴に花粉症をお持ちでしたが、問診ではそのことを一言も仰っていませんでした。

ところが、当鍼灸院に通院されて、花粉症の季節になったときに、

「今年は、花粉症ものすごく楽やねん。今までは花粉症の時期になるとうっとおしくて仕方がなかってんわ。 薬を飲むんだけど、それでも鼻がつまったり、鼻水が出たりと・・・」と仰いました。

花粉症のはり・きゅう治療を特別にしたわけではないのですが、脈診や問診から患者さんの身体が必要としているところをはり・きゅう治療していますので、体質改善がなされていっているのです。

アレルギー性鼻炎の鍼灸治療の症例

Fさん 会社員(20代女性) 大阪府大阪市

アレルギー性鼻炎で、鼻づまり、のどの痛み、痰などの症状を訴えられてFさんが当鍼灸院に来られました。

今までは西洋薬に頼っておられましたが、 飲んだときには症状が一時的に押さえられるものの、根本的には、一つも治っていないことに気がつかれ、漢方薬を服用されるようになりました。

漢方薬の先生のアドバイスで、鍼灸の治療をして、根本的に治そうと決意され、来院されました。

問診や脈診からFさんのアレルギー性鼻炎は胃腸にかかるストレスが大きく影響しているようでした。

これらを考慮し、アレルギーを改善し、鼻づまり、痰などを改善していくように、はり・きゅう治療をしました。

ご主人の帰宅時間が遅いために、夕食が大変遅く、胃腸への負担は、きついものがありました。
ご主人を待つ間、やはりお腹がすくのでお菓子に手が伸びます。

これらがアレルギー性鼻炎を酷くしていることをお話ししますと、アドバイスをまじめに実行してくださいました。
ご主人と自分の弁当も手作りされるようになり、夕ご飯も早めに召し上がるようになりました。

終日マスクを手放せなっかたアレルギー性鼻炎も、はり・きゅう治療を重ねるに従って、徐々に良くなられ、マスク着用の時間はだんだん少なくなっていき、今ではマスクは不要になられています。

気軽にお問い合わせくださいたつみ鍼灸院の診療時間・アクセス

たつみ鍼灸院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目4−23

  • 土日祝も診療
  • 予約制
  • 完全個室
  • 駐車場あり

(予約制)ご予約・お問い合わせはお電話ください。 072-964-6617

診療時間
9:00~21:00 診療 診療 休診 診療 診療 診療 診療

水曜日休診

【主なご来院地域】
大阪府(東大阪市・大阪市・八尾市・門真市、四条畷市、大阪狭山市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、藤井寺市、松原市、守口市)、奈良県(生駒市、奈良市)、京都府、兵庫県

ページの先頭へ戻る